【展望】帰ってきた男…WBA戦

2020-12-27

平穏なクリスマスを過ごしたリヴァプール。はい。首位でございます。このまま突っ走っていきたいところではありますが…
日本時間、12月28日、1時30分。20-21シーズン・プレミアリーグ第15節、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンの一戦がホーム、アンフィールドにてキックオフとなります。
いやー、ここに来て「彼」ですか。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。

波乱の一週間

なんか色々あったみたいです。
13節、リヴァプールとの首位攻防戦に敗れたトッテナムは、続く14節でレスターにも敗れ2連敗。
チェルシーvsアーセナルのビッグロンドンダービーは、大方の予想を裏切り、絶不調のアーセナルの勝利。リヴァプール的には嬉しい結果!
レスターvsマンチェスター・ユナイテッドの何気に上位対決はドロー。レスターなにやってんだ!?
マンチェスター・シティは大得意のカラバオカップで準決勝進出。勢いそのままにリーグ戦でも勝利。あー調子上向いてきちゃったか。
エヴァートンはカラバオでユナイテッドに負けたくせに、リーグ戦では何故か勝ってる。

そんなこんなで。

現在の順位表。
1位:リヴァプール
2位:エヴァートン
3位:レスター
4位:マンチェスター・ユナイテッド
5位:マンチェスター:シティ
6位:アストン・ヴィラ
7位:チェルシー
8位:トッテナム

色々おかしい!

特に2位。先に15節を終えているとはいえ、なぜそこにいる!?
マンチェスター勢も不気味だし、リヴァプールより消化試合が一つ少ない、最恐アストン・ヴィラ様なんて脅威以外のなにものでもない!
首位だからと驕らず、きっちりと勝ち点3を積み上げてもらいたいですね。

久しぶりの厄介者

降格圏に沈むWBA。13節ではシティに引き分けるという大健闘を見せるも、その直後に監督の解任を発表。
後任は、あのサム・アラダイス。
プレミアリーグの名物監督が帰ってきました。
リヴァプールにとっては嫌な相手かもしれませんね。
前節はヴィラ様相手に0-3と完敗を喫していますが、相手がヴィラ様ですからね。ヴィラ様相手に3点しか取られなかったとは…リヴァプールは7点も取られてる!

冗談はさておき、前節は準備期間が少なく、致し方なしといったところでしょう。きっと今節から本領発揮。やだな~プレミア名物上位食い、メッチャ得意な人じゃん。

迎え撃つのは

アラダイスと言えば、古き良きゴリゴリの肉弾戦。2020年も変わらずに仕掛けてくるんですかね。
屈強な大男たちからゴールを守る盾となるのは…

だ、大丈夫かな…
無事に試合の無い1週間を切り抜けたっぽいジョエル・マティプですが、この試合で先発するのでしょうか。出来れば使わないで欲しいけど、そうもいかないでしょうね。アラダイスさん、この人、ちょっとの刺激で故障するんでお手柔らかにお願いします。
相方はフィジカルに恵まれたナサニエル・フィリップス希望。

そして、頼もしいヤツらが帰ってくるようです。

ジェームズ・ミルナーとジェルダン・シャキリがいけるっぽい!
アラダイスという古狸相手に、プレミアを知り尽くしたミルナーの存在は頼もしい限り!
WBAがガッチガチに固めてくるのであれば、シャキリの出番もめぐってくるでしょう。怪我には気をつけてね!

さあ、年内最後のアンフィールド!怖い相手ではありますが、負けない!アンフィールドだから負けない!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。