ホジソン地獄の3本勝負

2017-10-21

そういえば彼はどうなったのでしょうか。
元リヴァプール、イングランド代表の監督。絶不調、開幕から勝利無しのクリスタル・パレスの再建を託された、ロイ・ホジソン。
就任直後にマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーの強豪3連戦という凄まじい試練に直面。誰もが3連敗を予想した地獄の3本勝負。百戦錬磨の老将はいかにして切り抜けたのでしょうか。

1本目:マンチェスター・シティ

名将グアルディオラが本領を発揮。完成度の高い洗練されたサッカーを展開し、今シーズンの優勝候補筆頭の呼び声高いシティ。
リヴァプールも0-4と粉砕されましたね。頼む。仇を取って。

リヴァプールから今年の夏に移籍したママドゥ・サコーはこの試合がリーグ戦、初出場。前線には同じく元リヴァプールのクリスティアン・ベンテケもいます。元リヴァプールの意地を見せてくれ!

しかしながら・・・

圧倒的なシティの前に為す術なし。0-5。しかもシティのラヒーム・スターリングというヤツがやたら活躍したらしいです。誰だか知らんけど。

実力差がありすぎたか。しかも就任した間もないホジソンにとっては正に為す術無しといったところでしょう。

感想:まあ、しゃーない。

2本目:マンチェスター・ユナイテッド

今シーズン好調。シティと首位を争うユナイテッド。
しかしリヴァプールとの試合を観た感じ、したたかではあるものの、そこまでの凄みは感じず。シティに比べれば組し易い相手のようにも思えます。
今度こそ勝利を!モウリーニョに吠え面かかせてやれ!

でもやっぱり・・・

負傷でベンテケを欠く攻撃陣にゴールは遠く、加入間もないサコも守備に安定をもたらす事は出来ません。
リヴァプール戦ではかなりしょっぱっかったユナイテッド攻撃陣、この日は躍動していたようです。
0-4。またしても大敗。開幕から未だ勝利無し。それどころかゴールすら無し。ホジソンはやはりホジソンなのでしょうか。
うーん、ユナイテッド・・・強いかなあ。

感想:もうちょいなんとかならんかった?

3本目:チェルシー

昨シーズン王者。しかしコンテ監督の退団の噂等、不穏な空気が流れるチェルシー。実際、今シーズンは波に乗れていないようです。
地獄の3本勝負、最後に笑うことが出来るでしょうか。

ついに!

大方の予想を覆し、先制点を奪ったのはパレス。開幕8試合目にしてリーグ戦初ゴールです!
ほどなくして同点追い付かれてしまいますが、待望の初ゴールが生まれた事で殻を破れたか。勝ち越しに成功します。
なんとサコーがアシストを記録。

初勝利の相手が昨シーズン王者になるのか。気をよくしすぎたか、試合終了間際にはゴール前でのサコーの調子に乗ったプレーで、あわや失点というピンチを招きますが、なんとか凌ぎます。

サコー、そういうトコだぞ!

2-1。そのまま逃げ切り、開幕7連敗のチームが王者を相手に大金星。

おめでとう、パレス。ありがとう、ホジソン。よくやった、サコー。

感想:素晴らしい!名将確定!

次節

さて、名将ホジソンの次のお相手は・・・
ニューカッスル。

監督はご存知、ラファエル・ベニテス。

ほほう。近年のリヴァプールに最大級の絶望をもたらした監督対最大級の歓喜をもたらした監督の対決ですか。

これはなかなか気になる。ニューカッスルは現在9位。リヴァプールのすぐ下につけています。
ラファはまだまだこれから調子を上げてきそうで、不気味な存在なので、ここは一つホジソンに連勝を飾ってもらいたいですね。

がんばれホジソン!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

ホジソン地獄の3本勝負」への2件のフィードバック

  1. TERA

    懺悔、本当言うとこれっぽちも期待していませんでした。ごめんなさい。
    しかし、なんていう勝ちっぷり。先制して、追いつかれて、突き放す。
    これが最下位のチームですか?今シーズンいまだ無得点だったチームですか?
    やっぱりホジソンさんは名監督だったんですね。私も一緒に がんばれホジソン!

    返信
    1. Miya 投稿作成者

      1点はオウンゴールとはいえ、流れの中からの2点。そして後半45分凌ぎきる。本当に生まれ変わったのかもしれませんね。
      下位にも油断出来ないプレミアの恐ろしさですね。まだパレスとはアウェイの戦いが残っているのでくれぐれもお手柔らかに。

      返信

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。