負けられない負けるはずが無いアーセナル戦

2017-12-22

ビッグマッチが近づいてきました。
日本時間、明日の早朝4時45分、プレミアリーグ第19節、アーセナルとの一戦がアウェイ、エミレーツスタジアムにてキックオフとなります。
全38節のプレミアリーグは折り返し地点。今シーズンもチャンピオンズリーグ出場権争いは熾烈を極める事でしょう。
直接のライバルを叩き、いい形で後半戦のスタートを切りたいですね。

負けられない

現在4位のリヴァプール。対戦相手のアーセナルは5位につけています。その勝ち点差は僅かに1。
万が一負けてしまうと順位が逆転してしまいます。
逆を言えば、勝つことによって勝ち点差を4に広げる事が出来ます。
アーセナルは結構取りこぼしが多いですからね。勝ち点4差はかなり大きい。
まあ、リヴァプールも多いのですぐにチャラにしちゃうかもしれませんが・・・

別会場では6位バーンリーと7位トッテナムが直接対決。リヴァプールは勝てば4位争いで頭一つ抜け出る事が出来るかもしれません。

勝ち点差4の3位チェルシーはエヴァートンと対戦。
相手チームにとっては嫌がらせのようなアラダイスの戦術に期待したいところですが、エヴァートンはリヴァプールのためになるような事はしませんからねえ。順当にチェルシーが勝つ気がします。

上位陣の直接対決が二つもある今節、CL出場権争いに極めて重要な意味を持つ事になりそうです。
公式も気合入ってます。

必勝!ですね。

負けるはずが無い

ここのところアーセナルとは相性の良いリヴァプール。昨シーズンはダブル。今シーズンもアンフィールドでの試合は4-0、アーセナルの枠内シュートは0本とボッコボコにしてます。
かなりのお得意様です。

まあ、この前の試合に関してはアーセナルが悪すぎたってのもあるので、一筋縄ではいかないとは思いますが、破壊力はリヴァプールの方が絶対上。どれだけ攻められようと、それを上回る猛攻で打ち勝って欲しいですね。

アーセナル戦は印象に残るゴールが多い気がします。
昨シーズン開幕戦のサディオ・マネの強烈なシュートはまさに衝撃。怒涛の快進撃を見せた序盤戦の象徴ともいえるゴールだったかもしれません。

前節はお休みだったので、ウズウズしている事でしょう。暴れちゃってください。

フェリペ・コウチーニョの芸樹的なフリーキックも素晴らしかった。

ここのところ好調なコウチ。今回も期待しましょう!

好調といえば勿論モハメド・サラー。得点王ランキング単独トップ。さらに記録を伸ばす事ができるでしょうか。
アンフィールドでの試合のブッチギリゴールは、追走して相手をブロックしたマネのクレバーさと共に、早くも語り草になっています。
マネとのコンビからの得点がまた見たい!

髪切ってサッパリしました。空気抵抗が弱まって、更に速くなってるかもしれません。

ロベルト・フィルミーノもアンフィールドの試合ではゴールを決めていますね。

最近よくやるゴールパフォーマンス、あの変なダンスのお披露目がアーセナル戦だったかな。ビッグマッチだけにゴールを決めたら、また変な事してくれるかもしれません。ただし脱ぐなよ。

この4人、最強の攻撃ユニット「ファブ4」がスタメンで出てくるのではないでしょうか。大量点に期待ですね!

そしてもう一人期待したいのが、古巣対決となるアレックス・オックスレイド=チェンバレン。

アーセナルの選手として大敗した直後にリヴァプールに移籍、そしたらリヴァプールが大敗。加入直後は疫病神扱いされてましたが、最近はすっかりチームに溶け込み、ファンからも愛され始めています。
この試合、彼に期待してる人は結構多いのでは?
出番、あるかな~?

大勝するも出番なし、腹いせにグーナーにおちょくられるって展開も面白いな。

朗報

守備の要、ジョエル・マティプがトレーニングに復帰しました!

激しいせめぎ合いが予想される試合だけに、出場できるなら心強いですね!

そしてもう一つ。
アーセナルはオリヴィエ・ジルーが欠場濃厚なようです。
これはリヴァプールにとって超朗報。

アーセナルで誰が一番怖いって、そりゃあジルーですよ。
途中から出てきて、ポロっと1点。これが一番ヤダ。
あとのヤツはどうにでもなる。ラカゼット?誰それ?
ジルーがいなければ、試合終了間際のお約束発動の確立がかなり軽減されますね。

これはいける。勝ちきれる。

負けるはずが無い。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。