7の月、恐怖の大王がやって来る

2018-06-27

1999年7か月
空から恐怖の大王が来るだろう

かの有名なノストラダムスの大予言・・・

2018年。盛大にスカった1999年からは20年近くの歳月が流れましたが、ノストラダムスは16世紀の人ですからね。
まだまだ誤差の範囲内といえるかもしれません。

どうも不穏なんですよ。

遅れてやってくるかも知れない災厄。
今、イングランドは戦々恐々としているようなんです。

大予言、再び・・・

来ちゃいました、新たなる大予言。
さあ、ビンボーくじ引くのはどこのクラブだ!?

まさに7の月の始まりの日、どっかのクラブに降りかかっちゃうみたいなんです。災厄。
でっかいし、カミナリ様感あるし、ホント空から降って来そう。

フェライニといえば、宿敵マンチェスター・ユナイテッドの選手。
その前は、これまた宿敵のエヴァートン。

リヴァプール的には普通に考えたらあり得ないんですが、ありましたよね、噂。

何が起こるか分からない移籍市場。
特にここ最近は「クロップが望んだ選手なら」っていう魔法のワードで、大抵の事はチャラになっちゃいますからね。
「彼にはドルトムント時代から注目していた」なーんて言われたら、そりゃあもう、どうぞどうぞって・・・

いやー、いくらなんでもフェライニはねえ。
朝起きてネット見たら、フェライニが肘ついてニッコリしてたらどーします!?

とりあえず寝直しますね。

てっきりモイモイのとこ行くもんだと思ってました。でも、いなくなっちゃいましたからね、モイモイ。

今のところ、アーセナルが有力のようですが・・・

なんかいらないっぽいです。。。

なんでだよ!?
そりゃあ、リヴァプール的には因縁の間柄だし、実際に物理的被害も受けてるからお断りだけど、オタクらにとっちゃあタダの面白アフロでしょ?

有難くもらっとけよ!

もし、アイツがリーガの選手で、クリロナとかラモスとか背中痛い人とかに、肘打ち食らわせまくってたとかなら、スーパーウェルカムよ?

あーでもアーセナル行ったら、それはそれで災厄だな~。
リヴァプール対アーセナルはだいたい荒れますからね。
アイツいたらもっと荒れそう。

出来ればトルコあたり行ってくんないかな~。

2018年7月。無事平穏に過ぎる事を願います。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。