【感想】一閃!ウルブス戦

2023-01-18

いやーよかったよかった。
18日にアウェイ、モリニュー・スタジアムで行われた22-23FAカップ3回戦再試合、ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズとの一戦は1-0でリヴァプールの勝利!
嬉しい嬉しい2023年初白星です。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

ややメンバー落としてきましたね。しかし、チアゴ・アルカンタラは出場。一番いたわらなきゃダメな人な気もしますが。。

前半

一進一退といったところでしょうか。
ウルブスもよくねーな、こりゃ。

イブラヒム・コナテ、ジョー・ゴメスの奮闘もあるけど、決定力ポンコツくない?

まあリヴァプールもなんですけどね~。

塩試合かな。

唯一の希望はチアゴさん。
華麗なトラップから、スピーディーかつ正確なパスをハーヴェイ・エリオットへ。

自陣で受けたエリオット。ドリブルでトットコトットコと持ち上がり、アタッキングサードへ。
まあ、この辺までは行くんだよ。
問題はここから。ちいともゴールの匂いがしな…

マ・ジ・か。

唐突だし凄すぎだし、理解するのに時間かかりましたよ。

1-0。

猛烈なバッシングを浴び、傷ついていた若者。渾身の一撃です。胸のエンブレムを叩き、魂の絶叫。

どんだけツラくてもクラブ愛は変わらぬようですね。
これはチーム全体が勢いづくぞ。

とはいえね。
ガッタガタのチームが急に水を得た魚というワケにはいかんのですわ。

1-0で前半終了。

後半

まあまあまあね。
悪い時は悪いなりに頑張っていくしかないんですよ。
とりあえず勝って。

エリオットがんばってます。
久しぶりの出番のファビオ・カルヴァーリョはオフサイドでしたがネットを揺らしました。
ステファン・バイチェティッチも輝いてますね。

若手の躍動がチームに力を与えます。

それと…

ムードメーカー、コスタス・ツィミカス。こういうのもね。うん。がんばってるよ。

終盤にはベン・ドークも登場。

本当にこの少年は臆さずにいきますね。大物の予感。

最後の方は例によってヒヤヒヤする時間が続きましたが、なんとか耐えきりました。

1-0で試合終了。

課題はいろいろ。
しかし、お家芸のスーパーミドルにクリーンシート、若手の活躍。
顔を上げるには十分すぎる勝利。
さーて週末はチェルシーとのビッグ6どん底対決だ。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。