【感想】おかえり!アストン・ヴィラ戦

2021-12-12

いやーよかったよかった。
12日にホーム、アンフィールドで行われた21-22プレミアリーグ第16節、アストン・ヴィラとの一戦は1-0でリヴァプールの勝利!
2戦連続できわどい試合をものにしました。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

出場が微妙という情報があったディオゴ・ジョタ。ベンチには入っていますが、無理はさせなかったようです。ロベルト・フィルミーノは復帰お預け。
トップに入るのはアレックス・オックスレイド=チェンバレンです。

前半

かなりアグレッシブな展開。カード多いですね。
審判大丈夫…?

アンドリュー・ロバートソンが果敢に攻め、チェンバレンが積極的にミドルを狙いますが入らず。

ジョエル・マティプも惜しい!これ実際は結構惜しかった!

なんだかロボがめちゃくちゃ元気ですね。何度もチャンスを作ってます。PKもらってもよさそうなシーンもあったな。

前半のうちにリードしておきたいところではありますが…
アリソンがコケてひやりするシーンがあったり、サラーのシュートが好守に阻まれたり、なかなかのがっぷりよつ。

0-0で前半終了。

後半

CKからのビルヒル・ファン・ダイクのヘッドはドンピシャでしたがGK正面。

60分になろうかいう頃にチェンバレンに替えてジョタ投入。いつもよりちょっと早めですね。
ジェラードの帰還で浮かれてる場合じゃなくなてきたか。

ホントにこのままじゃスコアレスだぞーと、みんなが焦り始めた70分くらい。
やっぱり頼りになるのはエース。
モハメド・サラーがエリア内で倒されPK獲得。

自分できっちり決めました。

1-0。

アストン・ヴィラはダニー・イングスを投入。
怖いな。恩返し弾とかいらない…
ほらあ!
アリソンとマティプの意志疎通がうまくいいかなったようで、ワチャワチャと…

危なかった~。ジェラード、いい采配しよる。

ヒヤヒヤでしたが、なんとか逃げ切りました。

1-0で試合終了。

よかったよかった。
ジェラードの帰還で浮かれて勝ち点落としたんじゃあ、話になりませんからね。

勝ったから言える。

「おかえり」

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。