【展望】ドサ回りマンチェスター・ユナイテッド戦

2018-07-28

またいつもの連中です。
日本時間、明日朝6時5分、プレシーズンマッチ第7戦、マンチェスター・シティとの試合がアメリカ、メットライフ・スタジアムにてキックオフとなります。
アイツらは多分いつも通りなんですがね、環境はいつもと大違い。コッチも盛り上がっていきますか。

営業?

なんでなんですかね。
マンチェスター・シティ戦に続き、普段から反吐が出るほどやりあってるプレミアのクラブとの対戦。
まあ、確かにプレミアの中でも、屈指の注目カードではあるんですが。

そういえば、ドルトムントもクロップの古巣だし、ヨーロッパリーグでは激闘を演じたしで、かなり注目度の高いカードでしたね。

カネの匂いがする・・・

プレシーズンの国外ツアーというのは、興行的な側面も強くありますからね。
こういった組み合わせも必然と言えるかもしれません。
こんだけビッグクラブ呼べるアメリカ羨ましい。

会場となるミシガン・スタジアムはアメリカ最大の巨大スタジアムです。

2014年のプレシーズン、ユナイテッド対レアル・マドリード戦は10万人以上の動員を記録したそうです。
これはとんでもない大箱ぶっこ込んできましたね~。
ちなみにアンフィールドの収容人数は、約5万4千人。
数の上では、ミシガン・スタジアムが大きく上回ります。

さすがにアンフィールドが生活の一部になってるKOP達の熱さには及ばないだろうけど、いつもとは違った盛り上がりに選手達のテンションも上がるんじゃないでしょうか。

アメリカのファン、お金いっぱい落としてくれるんじゃないですかね。張り切っていきましょう。

いつもの

さてさて熱戦を期待したいところですが、ユナイテッドはあまり状況がよろしくないようで。

モウリーニョが試合の出来にボヤいたりレジェンドのスコールズがウダウダ言ったりって・・・

完っ全にいつもヤツじゃないですか!

マンチェスターは今日も平和なようです。

ここまで様式美に徹するという事は試合の方もアレでしょうね。いつものバス。
もうそのネタ飽きた・・・アメリカのファンも見たくないでしょうに・・・

あ、あとモウリーニョが場外乱闘吹っ掛けてくるかもしれないけど、そっちは結構楽しみかも。

リヴァプールは面白い内容で

相手がどんな出方をしようが、リヴァプールはいつも通りアグレッシブなスタイルを貫き面白いサッカーをして欲しいですね。

この試合の注目はやはりなんといっても、モハメド・サラー、サディオ・マネでしょう。
この二人がいるだけで面白さが格段に増します。

ナビ・ケイタとの絡みも見てみたいけれど、首に少々問題を抱えているようで、出てくるかどうか、不透明ですね。

昨シーズンはほとんど一緒にプレーする機会が無かったダニエル・スタリッジアダム・ララーナと組むと、どんな化学変化を起すのかも気になりますね。

あの男はデビューとなるのでしょうか。

ジェルダン・シャチリ。
もうチームには合流して数日経つので、そろそろかもしれませんね。この選手もなかなかトリッキーで面白そうです。

それから面白いといえば、ラグナル・クラヴァン、マルコ・グルイッチ、アルベルト・モレノら、エンターテナー達にも期待したい。プレシーズンですから、臆せずガンガンいってもらいたい。そしてプレシーズンだからこそ、やらかすなら今のうち・・・

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

【展望】ドサ回りマンチェスター・ユナイテッド戦」への2件のフィードバック

    1. Miya 投稿作成者

      越えましたか!
      さすがにレアルの人気には及ばないかと思ってましたが、ギッシリでしたね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。