【感想】若手とオッサン躍動!MKドンズ戦

2019-09-27

EFVdQsvXUAA7vlo

順当に勝ちました!
26日、アウェイ、スタジアム:mkで行われた19-20シーズン・カラバオカップ3次ラウンド、MKドンズとの一戦は2-0でリヴァプールの勝利!
普段とは大幅にメンバーを入れ替えながらも、しっかり結果出しましたね。

スタメン

ご覧の通り、がっつり入れ替えてきました。

前半

新鮮な顔ぶれとはいえ、トップチームでの実績十分な選手も大勢いるので、ここは危なげなく勝ってもらいたいですね。
おっと、いきなりDFが滑ったぞ。ピーンチ!

相手の決定力がポンコツだったお陰で助かりしたが、こういう不用意なプレーを繰り返してはいけませんね。
まあ、若手ならミスも経験のうち・・・

と思ったらお前かーい!

デヤン・ロヴレン。

経験たっぷり!
CLとW杯の決勝のピッチのにも立った歴戦の兵が見せるジタバタ。
若さゆえではなく、いつものヤツでした。この6月に30歳になっています。円熟の伝統芸!

世界最高が、世界最高たる所以を見せ付けてくれました。
いきなりワールドクラスのエンターテイメントが炸裂。すんなりと終わる雰囲気ではなくなってきましたね。

なかなかこじ開けられません。
このレベルの相手であればアッレクス・オックスレイド=チェンバレンあたりは相手が為す術ないくらいにぶっちぎって欲しい。
ナビ・ケイタも目立ちません。まあ、動きは悪くなかった気がしますが。

EFVegoFWwAE5u87

このヌルッとした動きね。

負傷明けだし、まずは調整といったところでしょうか。

アダム・ララーナも随所で巧さを見せていますが、もっとやれる!

もっとも気を吐いていたのは最年長、ジェームズ・ミルナー33歳。いつも通り、やたら走ってます。
ドリブルで敵陣深く切り込むとクロス。待っていたのはハーヴェイ・エリオット16歳。年の差ホットライン!
位置取りは完璧。あとはちょこっと触れてゴールに流し込むだけ。

クロスバー直撃。

あー!逆に難しいヤツ!
いい位置にいただけに決めて欲しかった!ついてない。

カーティス・ジョーンズも、エリア内で巧みにボールをキープしてシュート。
GK正面だったけど、いいシュートでした。

攻め立てるリヴァプール。エリオット、今度はドリブルで見せます。2人、3人かわしてクロス。またしても年の差ホットライン。飛び込んだのはミルナー。頭で合わせるも、ちょっと角度が足りませんでした。
おじーさん!決めてあげて!

基本的にリヴァプールペースだけど、時おりヒヤリとさせられる場面も。
試合勘の問題なのか、どうもボサっとしているジョー・ゴメス。

おい!隣、ファン・ダイクじゃないの!ロヴレン!お前が面倒見る側!

ミルナーのクロスにリアン・ブリュースターが飛び込むも、僅かに合わず。
後ろがボケ気味なので、早めに点を取って、楽な展開にしておきたい。

頑張ったのは、やっぱりおじさんでした。

EFV1cwZWwAIdaWo

ミルナーが相手をKOした画じゃないよ!

EFVakb9W4AEEaTK

ケイタが決めた画でもないよ!

ミルナーの強烈ミドル炸裂の画です。
クリアボールを拾い、右足を振りぬくと、ボールはゴールに向かって一直線。GKがキャッチを試みるも失敗。弾かれたボールはそのままゴールへ。

1-0。

トップレベルのGKであれば、取ろうとするのではなく、前に弾くのかもしれませんが、それにしても強烈でした。

1-0で前半終了。

後半

後半もシャープな動きのエリオット。魅せますね~。

60分過ぎ、恐らくは規定路線の交替でしょう。
ケイタに替え、ペドロ・チリベジャ。
うお!今季はローンに出されてませんでした。てか、トップチーム帯同経験あんのにオフィシャルサイトの選手一覧に載ってないよ!今すぐ載せてあげて!

それから程無くして。またしても頑張るおじさん。ミルナーの優しいクロス。
飛び込んできたのは意外な選手でした。

キ=ヤナ・フーバー。

滞空時間が長い!

2-0。

リヴァプール初ゴールです。

EFVo9hYWkAIgfJG

つま先ピーン!

MKドンズ側にもチャンスが訪れるも、GK、カオイムヒン・ケレハーの好セーブで難を逃れました。

大人しめだったチェンバレンの地を這うような高速ミドルが炸裂。惜しくもポストに嫌われます。
決まってたらスーパーだった。

80分過ぎ。チェンバレンに替え、ハービー・ケイン投入。トップチーム出場は初めてかと思いますが、ジェラードが自伝で、アーノルドと共に期待してた選手ですね。これは注目。

ケインは安定感ありそうな顔してるし、あとは安全に試合を終わらせるだけか…

と思いきや何なんですかね、終盤に突如守備が劣化する現象。ジタバタし始めました。

ケレハーのスーパーセーブが炸裂!
ギリギリで食い止めるこの感じ。

そっかロヴレン、お前のせいお陰か。
最後まで目が離せないリヴァプール。ちなみに、ロヴレン。締めるとこは締めてましたよ。
ゴメスよ。ボサッとしてるだけじゃダメだ。

最終盤は何故かサンドバックになりながら、セップ・ファン・デン・ベルフの顔見せ件時間稼ぎで、なんとか凌ぎきりました。

2-0で試合終了。

見どころ満載の内容!若手もオッサンも頑張った!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。