締まって行こう!WBA戦

2018-04-21

クライマックスが近づいてきましたね。
日本時間、本日20時30分、プレミアリーグ第35節、ウエスト・ブロムウィッチ・アルビオンとの一戦がアウェイ、ザ・ホーソンズにてキックオフとなります。
来週半ばにはチャンピオンズリーグの試合があり、そちらに気が行きがちですが、最終盤を迎えたプレミアリーグも見逃せませんね。

グダグダ回避を

現在最下位のWBA。
19位とは勝ち点差4、降格を免れる17位とは勝ち点差9。残り4試合でこの差は絶望的か・・・

しかしなんと前節、2位のマンチェスター・ユナイテッドに勝利!

ありがとうございます!

4月に入ってから、今シーズン2度目の監督解任。今さら感はありますが、その効果が出てきたのかも知れませんね。
ちょっと不気味です。

現在、リヴァプールとユナイテッドの勝ち点差は4。
ユナイテッドはFAカップの準決勝の後に、アーセン・ヴェンゲル監督の退任を発表したアーセナルと対戦。
ヴェンゲル最後の意地。何かを起してくれるか・・・期待してしまいます。ユナイテッドのホームってのが気がかりですが。

あとウエスト・モイモイ・ハムとの対戦もありますね。こちらもモイーズ、意地のリベンジに期待しましょう。

これまで何度かユナイテッドを捉えかけてきたリヴァプールですが、今一歩のところで届かず。
最後にひっくり返せるなら最高ですね。
前節はトッテナムも勝ち点を落としました。
リヴァプールはお付き合いせずに3ポイント、持って帰りたいですね。
WBAはトッテナムとの対戦も残しています。そっちで頑張ってください。

前回のリーグ戦、WBAとの試合はアンフィールドでドン引きされて0-0のスコアレスドロー。
そしてFAカップで再び対戦しますが、今シーズン屈指のクソ試合で2-3の敗戦。

その時の記事はコチラ「ゆるゆるWBA戦

今シーズン、かなり相性が悪いです。
爆勝して嫌なイメージを吹っ飛ばしたいところ。
あ、でも降格するし関係ないか。

最下位だし、ランチタイムキックオフだしで、グダる要素満載ですが、もちろん油断は・・・ありませんよね?

気になるアイツ

この冬、リヴァプールからWBAにローン移籍したダニエル・スタリッジ。
復活を賭け、期する思いがあった事でしょう。
しかしデビュー戦でアッという間に怪我。
いつものスタリッジでした。

前節、終盤の途中で復帰を果たすも、今節はルール上、出場出来ず。
色々とタイミングが悪いですねえ。
彼に残されたチャンスは残り3試合。
ワールドカップ行けるかな・・・

なんだったら今節もベンチ外から「あれは俺のゴールだ」って主張してみてもいいんじゃない。
リヴァプールのゴールも、サラーの以外なら記録上はスタリッジにしてもいいと思ってる。

意外といけるかもよ。
だってケインのだって認められると思わなかったもん。

良好なチーム状態

他所のクラブからは内紛だなんだと、不穏な噂も聞こえてきますが、リヴァプールは全くそんな事はなく、怪我人続出で厳しい状況ですが、非常に良い雰囲気に包まれているようです。

和やかに談笑するユルゲン・クロップ監督、ジョーダン・ヘンダーソン、ジェームズ・ミルナー。
信頼関係が見て取れます。この状況でキャプテン、副キャプテンが元気というのも頼もしい。

絶好調のモハメド・サラー。
得点王獲得のためにチーム全体でサポートしていると聞きます。
いい後押しです。どっかのクラブでは悪い後押しもあったとか?

デヤン・ロヴレンもリラックス。前節、途中で退いた時はヒヤリとしましたが、無事帰ってきました。

こちらも復帰。
ジョー・ゴメス。人手不足のDF陣において、サイドも真ん中も出来る彼の存在は本当に頼もしい。

躍動感溢れるアルベルト・モレノ。
相変わらず出番が少なくとも、トレーニングは真摯に取り組んでいるようですが、やっぱり試合で暴れたいですよね。

試合中、暇すぎるせいかトレーニングで無駄なスキルを披露しちゃいました。

ここらでスタメン、いいんじゃないですかね。

さあ、チームのこの良い雰囲気そのままに快勝といきましょう。

そしてモレノを出せ!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。