【展望】お久しぶり!アストン・ヴィラ戦

2019-11-02

EIT7Tt5WwAAkFUf

お馴染みのクラブが帰ってきました。
日本時間、11月3日、0時、19-20シーズン・プレミアリーグ第11節、アストン・ヴィラとの一戦がアウェイ、ヴィラ・パークにてキックオフとなります。
歴史ある名門。プレミアの常連だったクラブが久しぶりに帰ってきました。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。

思い出

15-16シーズンに、プレミアリーグ創設以降初となる降格を経験したアストン・ヴィラ。リヴァプールとも幾度となく対戦してきました。アウェイでも、多くのゴールが生まれています。

最近でも6-0でボッコボコにしたり、逆にベンテケに酷い目に遭わされたり、色んな思い出がありますね。
ベンテケかぁ。敵の時はあれだけ手ごわかったのに、味方になるとそうでも無いっていう、少年漫画みたいなキャラだったな~。

そうなんですよ。かつてクリスティアン・ベンテケが所属したクラブ。ヴィラが降格したのは、リヴァプールがベンテケ引き抜いたせいもあるかもしれないんです。恨まれてるかもしんない。

上り調子?

現在、3勝2分5敗で15位につけるヴィラ。この数字だけを見れば、すんなり勝つべき相手ですが、3勝のうち2勝が10月です。つい先日のカラバオ・カップでもウルブスに勝利。シティに負けたのは必然として、10月の成績は3勝1敗とかなり好調の様子。大量に獲得した新戦力が馴染んできたといったところでしょうか。
リヴァプール戦。相手のモチベーションは高いことでしょう。要注意ですね。

地獄

主審がモス。VARがアホキンソン。

モスが裁き、アホキンソンがチェックする。アホキンソンが裁き、モスがチェックしたユナイテッド戦の逆パターンです。いずれにしても正しさの出所が見当たりません。

学ばないFA。ありがとうございます!
これもプレミアと諦めるしかないのでしょうか。
また謎判定が飛び出す可能性が大いにあります。これはもう、有無を言わさぬ大量点を期待するしかありませんね。

リスク回避

不動のアンカーとして、リヴァプールに無くてはならない存在になっているファビーニョですが、あと一枚イエローカードを喰らうと出場停止になるようです。
次節は首位決戦。この試合は欠場させるのか。ぜひ、そうしていただきたい。

アンカーを務めるのはジョーダン・ヘンダーソンでしょうか。
そうなると、いつもヘンドが入っているインサイドハーフは誰か。ここのところ調子を上げてきているアッレクス・オックスレイド=チェンバレンか、ユナイテッド戦で殊勲のゴールを決めたアダム・ララーナか。出場出来るか微妙みたいだけど、ナビ・ケイタも積極的に使って欲しい。

とか言いつつ、蓋を開けてみたらジェームズ・ミルナーという可能性も捨て切れません。
ヴィラは古巣対決となるので、燃えてるみたいです。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。