【展望】突破をかけてポルト戦

2019-04-17

プレミアと同様、こっちもクライマックスが近づいてきました。
日本時間、明日18日、4時00分、18-19チャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ、ポルトとの一戦がアウェイ、エスタディオ・ド・ドラゴンにてキックオフとなります。
勝てば準決勝。因縁の相手との対決が待っています。

次のお相手

ちょっと気が早いけれど、準決勝のお話。
先に行われた準決勝のこっちの山のもう1試合、バルセロナ対マンチェスター・ユナイテッドはバルセロナが勝利。

へ~。ふ~ん。

まあ、順当ってヤツですか。ユナイテッドはプレミア超頑張って。隣の青いのやってけて!

バルサ・・・あんまり関わりたくないって思いもあるけど、一度はボコボコにしておきたい相手ですね。
待ってろ、スアレス!あとなんか、もう一人!

手ごわいポルト

準決勝の前にまずは目の前の試合に集中。1stレグでアウェイゴールを許さずに勝利した事によって、俄然有利な立場となったリヴァプールですが、油断は禁物。
相手のポルト、国内リーグは直近5連勝中。CLのグループステージはアウェイで1度引き分けただけ。
強くない?
リヴァプールなんてグループステージ、ボロボロだったよ!
しかもベスト16ではアウェイでローマに先手を取られるも、ホームで試合終了間際で劇的な決勝点を決めるという勝負強さを発揮しています。
2点だけではまだ分からない。気を引き締めて掛からねばなりませんね。
ただリヴァプールは昨シーズン、ポルトのホームで5-0と爆勝しているので、いいイメージで臨める相手ではあると思います。

省エネ

プレミアでは相変わらず負けられない戦いが続き、CLも勝てば準決勝は4月の終わり。相変わらず休む暇がありません。
スタメンはベストメンバーを組んでくると思いますが、早めに先制点を取って、楽な展開に持ち込み主力を休ませたいですね。交替枠を有効活用してほしいものです。

怪我が癒えたっぽいアダム・ララーナ。途中出場でも流れを変えられる切り札になれる存在です。もう一度、しっかりコンディションを整えてもらいたいですね。

こちらも切り札になれる存在、ジェルダン・シャチリ。
この前、久々に出てきた時は身体が重そうでした。ここから終盤にかけて、彼が調子を上げてきてくれれば、かなり大きい。この試合でギアをもう一つ上げてもらいたいですね。

彼がリヴァプールでプレーする姿を見る事はもう無いのでしょうか。アルベルト・モレノ。
ロボも休ませたいところだし、大量リードを奪うような事があれば、もしかすると・・・?

ただ油断は禁物です。

まずは、この一戦。集中して確実に突破を決めてもらいたいですね。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。