【感想】ひやりポルト戦

2019-04-18

ヒヤヒヤしましたが、結果は快勝でした。
18日早朝、アウェイ、エスタディオ・ド・ドラゴンで行われた18-19チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝2ndレグ、ポルトとの一戦は4-1でリヴァプールの勝利!
危なげないなんて事はまったくない試合展開でしたが、トータルスコアは6-1。圧勝で準決勝進出を決めました。

スタメン

クリーンシートで先勝。圧倒的有利な状況で、迎えた2ndレグ。
ロベルト・フィルミーノを温存し、ディボック・オリギをスタメンに起用してきました。
守備の面での不安はありますが、ジェームズ・ミルナー、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、運動量豊富な二人がいればなんとかなるでしょう。
そう思ってたよね・・・

前半

いやああああ!!!

メチャクチャ危ないんですが!!

油断出来ない油断出来ないって言い続けてきたけど、正直いけると思ってたよね。
内心ヨユーと思ってたよね。バルサの煽り方とか考えてましたよ。

何コレ?

アリソン、アリソン、そしてアリソン。

シュート浴びまくってます。たぶんアリソン、加入後1番の忙しさ。
間単にキャッチしてるように見えるけど、実は難しいヤツ、きっと。
ありがとうございます!

しかし、これではいつ失点してもおかしくない。なんとか流れを変えたい。

リヴァプールのチャンスは、前半の半分を過ぎた頃。
ジニのサイドチェンジが失敗。カットされるもボールを拾ったのはアンドリュー・ロバートソン。
サディオ・マネに預けて、サイドを駆け上がるロボ。再びボールを受けるとギリギリ、エリアの外にいたモハメド・サラーへ。
シュートは当たり損ね。しかし、これがいい具合にエリア内にいたジニへのパスっぽくなりました。
サラーがもう一度受けるとクロス。
走り込んで来たのはマネ。

あーオフサイドっぽいかなー。だよねー。

あれ?VAR?

なんか随分と時間掛かってます。どうせ覆らないんでしょ。実況の人も、こりゃオフですね~みたいな感じだったし。さっさと再開してよ。

ったく、そういうとこだかんな。VARさん!

あれ、覆るの?

1-0。

認められたってよ~!

マネが速過ぎて、オフに見えたっぽいです。VARさん好きだー!!!

合体技の新パフォーマンスも飛び出しました。

これで随分と楽な展開になりましたが、ポルトもまだ死んでいません。

押され気味の展開のまま1-0で前半終了。

後半

後半頭からオリギに替えフィルミーノ投入。
オリギ、この試合ではアピールする事が出来ませんでした。さて、どうなる契約延長。

たった一人でこれほど変わるものか、フィルミーノ効果で、攻守共に引き締まりました。
自陣エリア付近でフィルミーノがボールを奪うと、ジニを経由してトレント・アレクサンダー=アーノルド。サラーにスルーパス。
GKの位置を良く見て冷静に仕留めました。

2-0。

結構難しいと思うんだけどなー。感覚がかなり戻ってきてるようですね。

直後にアーノルドを下げ、ジョー・ゴメス投入。12月以来の実戦復帰です。

勝負はほぼ決したか。しかし、下を向かないポルト。
CKから矢のようなヘディングシュート。これはアリソンも無理。

2-1。

この直後にジョーダン・ヘンダーソン投入。
すると、いきなりスルーパスで決定機を演出。

ヘンドの躍動は止まりません。続いてはフィルミーノへのクロス。しっかり叩きつけました。

3-1。

実質トドメでしょう。さほど喜ぶ事も無く、淡々とリスタート。

更に追い討ち。ミルナーのCKをマネが頭でそらしてビルヒル・ファン・ダイク。強烈なヘッド。

4-1。

ポルトにとってはしんどい展開ですが、最後まで戦うことをやめません。顔を上げ、選手を鼓舞する監督。
サポーターもリヴァプールのチャントをかき消すように声を張り上げます。
最後まで切れる事無く90分を戦いきりました。

4-1で試合終了。

ポルト強かった。あの時間に先制点を奪えなかったら、どうなってたか分かりませんね。
これぞCL。さあ次は準決勝です。待ってろバルサ!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。