12人目の選手、ミニョレ

2018-04-10

幾度と無く批判を浴びながらも、リヴァプールの正守護神を勤めてきたシモン・ミニョレ。
しかしユルゲン・クロップ監督がロリス・カリウスがナンバーワンゴールキーパーだと明言。
ベンチ生活を余儀なくされ、ここのところ全く出場機会に恵まれていません。
さぞかし鬱屈した日々を送っているのかと思いきや、決してそんな事は無く、ただただチームの勝利を願い頑張っているようです。
ピッチに立つ事が出来ずとも、彼もまた戦っていました。

今年1月、スタメンを外され、移籍を考慮という噂も盛んに報道されました。
しかし決意を新たに、諦めない事を誓ったミニョレ。

試合に出場出来ずとも、腐らずトレーニングに励みます。

何かの格言でしょうか。
自分に言い聞かせるように、目標を見失わない事で道が開けると語ります。

自分が出ていなくても、勝利の後はすぐさま祝福の投稿。

僕の誕生日にこんなに大勢駆けつけてくれてありがとうなんてジョークも。
常に明るく振舞っています。

活躍した選手は手放しで賞賛。

腐らずに頑張ってきた甲斐あってか、代表戦ではチャンスを与えられ、クリーンシートを達成。

ベンチ生活に戻っても、チームを讃える投稿は続きます。
怪我をしたアダム・ララーナを気遣う優しさも。

熱狂的なサポーター達への感謝の言葉も記しています。

止まる事のないモハメド・サラーの活躍には、こんなジョークも。
試合に出られない悔しさは絶対にあると思いますが、それをおくびにも出さず、チームの事を第一に考える姿勢には本当に頭が下がります。

極めつけはコレ。

直接のライバルである、カリウスのセーブをストレートに賞賛。
なかなか出来ることじゃりませんね。

試合中、ベンチに座ってても、ゴールが決まると本気のガッツポーズしてるし、改めて本当にイイ奴ですね。
試合に出ていなくても、かつてのルーカス・レイヴァのようにチーム内で役割は決して小さくない気がします。
移籍して欲しくないけど、まだまだやれる年齢だし、本人が望むのであれば仕方が無いかもしれませんね。
ミニョレだったらどこへ行こうと拍手で送り出せます。そしてどこへ行ってもうまくやれる事でしょう。

うーん、でもやっぱり移籍して欲しくないなあ・・・
願わくば、またアンフィールドで神ニョレが見たい。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。