プレミアマスコット大戦争

2019-06-20

なんかよく分かんないんだけど、つい最近、ナショナル・マスコット・デイっちゅうものがあったらしいんです。マスコットといえばリヴァプールにも、いまいちブレイクし切れないちょっと残念、だけども何故か憎めないマイティ・レッド君がいますね。当ブログでも度々イジらせてもらってます。
彼もなんかウキウキしてたみたいなんで、ちょっと紹介してみたいと思います。

マイティ・レッド君、色んなマスコットと交流する動画を公開していました。

なんか濃いーの多いな~。イングランドのマスコット事情はどうなってんだよと思って画像を漁ってみたんですよ!そしたら想像以上でした・・・どうなってんだ、プレミアリーグ!

恐竜

マイティ・レッド君、モチーフはライヴァー・バードで間違い無いんですが、どうも鳥っぽくない。
個人的には進化の過程にあるカモノハシ竜だと思ってるんです。(参照:【マスコット】マイティ・レッド

なんせ絶滅動物だし、親近感沸きにくそうだから、マスコットには不向きかな~と思ってましたが、お仲間いました。一頭だけ。

アーセナルさん家の子。うん。これは紛れも無く恐竜だ。鳥なんだか恐竜なんだか魚なんだか、判断に迷うマイティ・レッド君と違って、一発で恐竜と分かる。でも何科なのかは、よく分かんないな。
長い首は草食恐竜の特徴だけど・・・

牙あんの?この鋭さは間違いなく獲物を引き裂くためのもの。肉食らしいです。もしかして海に棲む首名が竜の類?

続いて、マイティ・レッド君が目指しているであろう鳥類。

クリスタル・パレスのオシドリ夫婦。でも多分、ワシだよ。イーグルスだもん。
これだよ。鳥といったらこれだよ!メッチャ羽根っぽいもん。クチバシもしっかりクチバシだもん。鳥の足感出そうとした黄色いタイツが若干キモいけど、まあ許容範囲。

これはガッツリこだわってきました。
スワンズことスウォンジー。そりゃあ、首のカーブは白鳥のチャームポイントだけれども・・・ここまでやる必要ある?なんか不気味。首元にある通気孔のようなものは・・・見なかったことにしよう。

スパーズはどうせ鶏だろと思ってたら、何コレ?鵜?まあ、いずれにしてもオシドリ夫婦ではあるみたいです。
よく見たらエンブレムの鶏も黒いし、一応、鶏なのかもしれません。

WBAはエンブレムに忠実にスズメちゃん。まずまずのクオリティだけど、なんか随分日本的だなあ。舌切られんなよ!

ニューカッスルは何故かカラス。オメー、エンブレムに書いてある馬だか魚だか分かんない気持ち悪い生き物はどーしたん?と思ってたら、これカササギみたいです。近くの川に生息してる、黒と白がクラブの色にも合ってるって、ちゃんとした理由がありました。失礼いたしました。

シーガルズことブライトンもモチロン鳥!
随分とマヌケな仕上がりになりましたが、まあ鳥です。カモメなんでしょう。シルエットだけ見るとかなり怪しいけども、過剰な程のクチバシが、鳥である事を頑なに主張しています。

ちょっと、これを思い出したけどな!

カナリーズことノリッジも鳥。・・・うん。鳥!カナリアなんでしょう。
なんなんでしょう。羽根の先からニュッと出てきてる手のひら。クチバシからはみ出して広がる口。マイティ・レッド君が鳥に向かって進化している途中なのに対し、彼は鳥から更に進化した鳥人間なのかもしれません・・・

あとこれな。

色々とツッコミどころは満載だけど、みんな鳥です。ギリギリだけど、鳥です、一応。鳥と言って差し支えないと思います。
マイティ・レッド君、しっかりして!

哺乳類

マスコットの王道ですね!

イングランド人はライオンがお好きって事で、チェルシーんとこの夫妻。まあ分かる。分かるんだけど、タテガミのブラッシングちゃんとしよ?チェルシーってロンドンの中でも高級な街なんでしょ?いい美容室いっぱいあるでしょ。

アストン・ヴィラの一家。こっちのタテガミはなんかモシャモシャしてんなあ。本拠地バーミンガムは工業地帯ですからね。一仕事終えた後ってところでしょうか。
それにしても顔デケーな。

タイガースだけあってハル・シティは虎。困り眉。いまひとつ迫力がありませんね。大阪にいたら絶対川に投げ込まれるんだろうな。

エヴァートンは象。胸スポンサーの関連だと思いますが結構カワイイ。エヴァートンにしちゃあいい仕事しやがる。

ウエスト・ハムはちょっと寂しげで、エモいクマちゃん。

妙にまつ毛が愛くるしいストークのカバさん。ちょっと前のゴリゴリスタイルとカバって合ってるのかもしれませんね。

テリアーズことハダーズフィールドは当然犬です。カワイイ。

ワグナー元監督。似てる。

なんでか分かんないけど、サウサンプトンも犬。

ユルい風貌だけどダンスが得意らしいです。

身近な存在だからなのか、どうもイングランドのマスコットって犬が多いみたいなんですよね。

垂れ耳が愛くるしいけれど、ちょっと猟奇的な目をした、トランメア・ローヴァーズのワンちゃん。
ご近所さんです。これからもよろしくね!ジャーキーとかあげたら懐いてくれるかな。

ボーンマスの子。完全に目がイってます。アウウー!

チェスターはオードソックスなタイプ。王道だワン!

レスターもさあ、プレミア獲ってんだし、もうちょいヒネれば・・・ってレスターだからキツネか。クリクリお目目が犬っぽいんだワン!

ブラックバーン。だいぶ思い切った顔してるけど、これは犬だ。間違いなく犬です。バウワウ!

いやあ、色んな犬種のワンちゃんがいますねえ。イングランドは犬派が優勢なんでしょうか。
猫は?猫派はいないんでしょうか。

そうだ、あそこだ。あそこならきっと猫派のハズだ。サンダーランド。通称、ブラックキャッツ!

ニャンだと・・・!?

猫・・・これ、猫だよな?うん、猫に違いない。
意地悪だけど、ちょっぴりドジで憎めないタイプの黒猫ちゃんでした。ゴロニャーゴ。

昆虫

ちっちゃい虫さんだってマスコット化しちゃう、世界最高峰のプレミアリーグ!

なんだこのチキンナゲットは!?
黒い横線は海苔でも巻いたんか?
は?ハチ?ハチの横線は顔じゃなくて腹だ!
残念ながらバーンリーのマスコットはこんなです。

なんか危なそうな目してるけど、これはハチだ。うん、これはすんなりハチだって分かる。
このワトフォードのハチちゃんは、その表情が示す通り、なかなか狂ったキャラクターのようです。

相手選手のダイブの真似したりしちゃうんだとか。そーいや、ワトフォードのエンブレムって鹿だよな?デッカイ角付いてて強そうじゃん。なんでハチにしたの?もしかしたら、ワトフォードというクラブ自体が狂気を孕んでいるのかもしれません。

無機物

昆虫どころじゃねーよ!どうなってんだよ、プレミアリーグ!?

ウエスト・ハムの金槌野朗。愛称のハマーズにちなんだものだってのは一目瞭然ですが、どうもパッとしませんねえ。ロックマンとかゲームのボスキャラに出てきそう。

なんなんだよ!?
WBAの歩くボイラー。ボイラーメーカーがスポンサーについた事によって爆誕しちゃったみたいです。
まあ、スポンサーへの忖度は分かるよ?分かるからさあ、やるんだったらちゃんとやって?これ、予算3000円くらいじゃねーの。

かなり思い切ったマスコットを投入してきたウエスト・ハムとWBAですが、この2クラブ、カワイイ動物ちゃんのマスコットもいますね。コイツら捨て案か?

地球外生命体

スケールが違いすぎる!プレミア凄すぎ!

さすがシティはやる事がデカい!地球外からマスコット補強しやがった。
でも、あんまり目だってなくない?全然見かけないよ?
金額に見合う活躍は出来てるのかい?

その他

・・・。

縁日のお面。

以上。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。