ジェラード生誕40周年

2020-05-30

5月30日は、我らがレジェンド、スティーブン・ジェラードの40回目の誕生日です!おめでとうございます。
40歳。いわゆる不惑の年です。あのジェラードが…。時の流れは早いものですね。彼がリヴァプールを去ってから、それなりの歳月が経ちますが、その勇姿は多くの人の心に焼き付いています。
レジェンドのアニバーサリー。ネットも大賑わいみたいです。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


初ゴール。初々しい!

FAカップのゴール集。最後はもちろんアレ。

イングランド代表の。代表戦はほとんど観ないから新鮮だ…。

かっこいい動画。

色んなゴール集。

ジェラードには本当に数え切れない程の名シーンがありますが、個人的ナンバーワンは、2005年のCL決勝「イスタンブールの奇跡」の1点目。

つい先日、15周年の記念日だったので、改めて観た人も多いのではないでしょうか。
前半だけで絶望的な3失点。観るのやめようかと思ったけど、せめて一矢報いてくれとの思いで、テレビの前に座り続けました。

その一矢はすぐに達成。あの腕をグルグル回す姿見たら、行けんじゃないかコレと思ったものです。
その後は、ご存知の通り。
オリンピアコ戦に続き、一つの大会で二度も信じられないようなドラマを生み出したのです。

「リヴァプールにはこれがある」
そう思わせてくれた出来事です。クサい表現だけど、諦めないことの大切さを学んだ気がします。
ジェラードがいたから、暗黒期を耐えられたって人は多いのではないでしょうか。

そう、暗黒期…
ジェラードのキャリアは、その実力を考えればあまりにも不遇。
別のビッグクラブにいれば、数え切れない程のタイトルを獲得していたことでしょう。
それを知りながら、崩壊寸前のリヴァプールを支え続けた。それがジェラードがジェラードたる所以なのでしょうね。それによって、ファンからの信頼は唯一無二のものとなりました。

多くのファンが、監督としての帰還を待っているし、そう遠くない未来に実際そうなるのでしょう。
また熱いドラマと、ついに手が届かなかったリーグタイトルをもたらしてくれる筈です。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。