フィルミーノのノールック

2018-02-28

4-1で快勝したウエスト・ハム戦。
その3点目となるロベルト・フィルミーノのゴール。
飛び出してきたゴールキーパーを巧みにかわし、あとは目の前に無人のゴールがあるだけ。ミスをしようがない余裕たっぷりの状況でフィルミーノがとった行動が、ちょっとした波紋を呼んでいるようです。

挑発行為?

あとはボールを流し込むだけという決定的な状況で後ろを向き、ノールックシュート。
これが相手への敬意を欠く挑発行為ではないかと、ウエスト・ハムサポーターを中心に反感を買っているとか。

このノールックシュート、今回が初めてではなくチャンピオンズリーグのセビージャ戦、プレミアリーグのスウォンジー戦でも決めています。

いずれも大量リードで圧倒的有利の状況。ちょっと遊び心が出てしまったというところでしょうか。(セビージャ戦はその後、追いつかれましたが・・・)

リヴァプールに来る前にもやってました。

面白がる向きを多いようで、色々とネタになってます。

フィルミーノのノールックでのゴール数と、ポ-ル・ポグバの今シーズンの総得点数が同じ。

いや、ワケわからん。

これは内容を見るまでもなく、契約延長にサインするって事でしょう。

KOPなら皆、悪意は無いって事は分かってると思うんですよ。ちょっとお調子者で、ファッションセンスがアレなだけで、凄くいいヤツだって事は。

ただ彼の事を良く知らない相手側からすると、決して愉快じゃないかもしれませんね。
文化の違うスペインでも批判の対象になったって事は、やっぱダメなのかもしれません。
誤解を招く事にもなりかねないし、その辺りはクラブがしっかり指導してやれるといいですね。

・・・と思ったら公式もノリノリなんですが。。。

まあ、ほどほどに。

良いノールック

ノールックはノールックでも、こっちはただただ凄い。

かなり離れた位置から、ノールックでバスケのゴールへスポリ。リングにまったく触れていません。神技。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。