【感想】また…ブライトン戦

2022-10-02

ちょっと間が開いたことで色々改善されているかと期待しましたが…
1日にホーム、アンフィールドでで行われた22-23プレミアリーグ第9節、とのブライトン&ホーヴ・アルビオンとの一戦は3-3でドロー。
トンネルを抜け出せてはいませんでした。我慢の時ですね。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

代表に参加していた選手の疲れを考慮してか、ファビオ・カルヴァーリョをスタメンに抜擢。

前半

いきなりかーい!

0-1。

なんなんすかね。攻められると漏れなく失点するこの感じ。
鉄壁の守備はどこへ…?

2失点目も時間の問題なんじゃ…アリソンありがとね。

前線。ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラーの調子は悪くなさそうですが…

が。

脆い。あまりにも脆すぎる。

0-2。

はあ。とりあえず前半のうちに1点返せるかなあ。

やっぱ。サラー、フィルミーノは調子いいんだよ。

お。ジョーダン・ヘンダーソンの浮き球に反応するサラー。
ダイレクトで落としたボールにブライトンDF追いつけず。
走り込んできたのはフィルミーノ。

美しい!

しかし…
サラーにオフサイド疑惑。

VAR開廷!

ドキドキ…

判決は

ゴール!

1-2。

全然追いつけるぞ。

1-2で前半終了。

後半

カルヴァーリョに替えてルイス・ディアス投入。

采配、的中しましたね。
ドリブルで前進するディアス。
中央のフィルミーノに。
4人くらいに囲まれながらも、ものともせず。打ち抜きました。

2-2。

よし!まだまだ時間はたっぷり。逆転できる!

CKのチャンス。

お。なんか入った?
ディアス?フィルミーノ?

いや、GKが空ぶって最後はDFに当たったオウンゴールみたい。
ラッキーな形だけど、1点は1点。
逆転です!

今のリヴァプールの守備だといつ取り返されるか分からんけど。

ブライトン、元リヴァプールのアダム・ララーナ投入。
漢字が間際らしいでおなじみの三笘薫も投入。
だからそれどころじゃないって!
この試合は大人しくしてて。次から頑張ればいーじゃん!

み・と・ま~~!!!!

キレキレかよ!
きっちりアシスト決めてんじゃん!
まだ若いんだしさー。行き急ぐなよ…

3-3。

残り時間、必死に1点を取りに行くも及ばず…

3-3で試合終了。

ううむ。
トレント・アレクサンダー=アーノルドの位置取りが度々問題視されていますが、何か意図があってのものなのでしょうね。
ただ、その意図が結実する日が来るかどうか。
しばらくは見守るしかなさそうです。

え?次アーセナルで、その次はマンチェスター・シティ?
いや、それどころじゃないわ!
大至急何とかして!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。