【感想】苦行!マンチェスター・ユナイテッド戦

2022-08-23

なんとまあ、まさか…
23日にアウェイ、オールド・トラッフォードで行われた22-23プレミアリーグ第3節、マンチェスター・ユナイテッドとの一戦は1-2で敗北…
昨季、完膚なきまでに打ちのめしたチーム相手に不覚をとってしまいました。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

いないヤツ多いのは周知の事実ですが…
あれ、ファビーニョは?まさか新たに負傷者リスト入りか。
いや、ベンチにいました。
中盤の3枚、ジョーダン・ヘンダーソン、ジェームズ・ミルナー、ハーヴェイ・エリオットという組み合わせの意図は一体。

前半

あ、あれ?ユナイテッド強くない?
開幕2連敗のチームとは思えん。めっちゃ押されてんじゃん。
これはリヴァプールが弱いのか。どうも機能不全に陥っている感がありますね。

あっぶなー。ユナイテッドのシュートがポスト直撃。
なんか守備脆くない?

自陣でいいように回され、、、
あらら。

0-1。

失点直後にはミルナービルヒル・ファン・ダイクを叱責するというシーンも。
うーむ。チーム全体が上手く回っていない感がありますね。

徐々に押し返しはするものの得点は奪えず。

0-1で前半終了。

後半

後半開始からの交代は無し。
前半終了間際に反撃のムードも出て来ていたとういえ、テコ入れが必要なように思えますが。。。

まあ攻めてたし様子見かー、、、と思ったら。。。
完璧にやらてんじゃん。

0-2。

オフサイドのようにも見えましたが、VARチェックの結果はオンサイド。
あーきっつー。

で、ベンチ動きます。ファビーニョスタンバイ。
遅いよー待ってたよー。
ミルナーかエリオットを替えヘンドを一列上げるかと思いましたが、交代はヘンド。
割と謎。

割と攻めあぐねてます。
そしてミルナーに替えてファビオ・カルヴァーリョ。
うん、そういう分かりやすいの待ってた。

で、そのカルヴァーリョ。CKからの流れで反転してシュート。
GKに阻まれるもモハメド・サラーが押し込んだ!

2-1。

さあここから!

おいおいおい。なんなんだよ。さっさとボール渡せよ!
昨季の5-0とか根に持ってんのかな。

さらにコスタス・ツィミカスを投入し、追撃を試みますがゴールは生まれず。

2-1で試合終了。

4時起きでコレ(吐血)
よろしくないですね。今は耐える時期なのかもしれません。(でも次は絶対勝ってね!)

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。