【感想】久々快勝!スパーズ戦

2021-01-29

やっと勝てた…!
29日、アウェイ、トッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われた20-21プレミアリーグ第20節、トッテナム・ホットスパーとの一戦は3-1でリヴァプールの勝利!
ビッグ6との大一番。負ければ順位が入れ替わる大事な試合で、目の覚めるような快勝。ようやく、2021年、初白星を手にしました。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

ジョーダン・ヘンダーソンが復帰。ジョエル・マティプも怪我無く大一番を迎えることが出来ました。
と、思ったら今度はファビーニョが離脱。慣れないポジションであんだけ稼働すりゃあ、怪我の一つもするわなあ。
大丈夫。きっと軽傷!

前半

いきなり。トレント・アレクサンダー=アーノルドからの長いボールが前線のサディオ・マネへ。寄せられながらもモハメド・サラーにパス。
サラーがマネに戻し、抜け出した。決定機。シュートは枠を捉えらませんでしたが、久しく見ていなかったリヴァプールらしい攻撃に、期待感が高まります。

しかし、その直後。
スパーズの攻撃。ハリー・ケインのスルーパスに抜け出したソン・フンミン。
あっさり決められてしまった。ソン、お得意のゴールセレブレーションが炸裂しました。

とここで、VAR発動。
はいはい。どーせリヴァプールのためには働かないんだ。発動しただけでもビックリだよ。0-1でしょ?分かってるよ。
え、オフサイド?マジかー!
VARがリヴァプールのために仕事したぞー!!こんなこと今まであったっけ!?

ソン、どんまい。ゴール取り消しのぬか喜び、すっげー気持ちわかる。

なんか、ここ最近のドン詰まり感とは違うリヴァプール。サラーの浮き球のパスに反応したマネのシュート、実に惜しかった。
チアゴ・アルカンタラ、ロベルト・フィルミーノとつながりマネへ。
このシュートも素晴らしい。

チアゴの巧さは言わずもがな。ジェームズ・ミルナー、ジョルジニオ・ワイナルドゥムのアグレッシブな動きもかなり効いてます。
出ればいつでも絶好調のマティプも頼もしい。
やはり違うぞ、この試合。

しかし、相手もさるもの。あー怖いよソン。オメーは一生オフサイドになっとけ!

無得点で折り返しかと思われたAT。ついに来た!
中央付近からのヘンドのボールがマネに通り、GKとDFの間を狙ったかのように折り返し。
走りこんできたのはフィルミーノ。

1-0。

最高の時間に先制点を手にしました。なんかスパーズの選手が不満げにしてるけど、ないわ!
審判騙されないで!

1-0で前半終了。

後半

さあ、後半もがんばっていきましょう!
あれ?ナサニエル・フィリップスがいる。誰かアクシデント?CBのナットが出るってことは…でしょうねえ。マティプ、90分もたず離脱。
暗雲…しかし、前線は元気です。
いきなりチャンス。3トップが全員がんばって最後はサラー。シュートはそこそこ宇宙だったけど、いいよいいよ、連動性!
さらにすぐさまチャンス。マネがゴール隅ギリギリを狙ったシュートは、GKに腕一本で弾かれましたが、こぼれたボールをアーノルドがきっちり仕留めました。

2-0。

たびたび、不調が指摘されていたアーノルド。この試合のパフォーマンスは見違えるようでした。
フィルミーノのこれも久々だなあ。

これでほぼほぼ決まりかとも思ってしまいましたが、その直後。スパーズのキャノン砲が炸裂。

2-1。

ど、どんまい。
こんなん10回打って1回入るかどうかってヤツだろ。気にせずいこ!
とはいえ、CBに不安を抱える中での1点差は超怖い。追加点頼む。
白熱の展開。ナット、頑張ってます。闘志漲る魂のディフェンス。これはもっと出番を与えてもよいのでは?(ただしCBは獲ってくれ!)

スパーズも必死です。必死なのは分かるけどブチ当たってくんな。チアゴ負傷。
うわぁ、頭から血が…

いったん治療のためピッチ外へ。

なんぼのもんじゃい!
目のギラつき具合が凄い。

そのチアゴがうまいこと相手をかわしてマネへ。
ドリブルで前へ。サラーが手を上げて呼んでいる。
パス出した。チアゴがスルー。サラーに届いた。
スパーズの守備、間に合ってません。余裕たっぷり。狙いすまして打った。

でもね。

はい。VAR-。
どこで?フィルミーノのハンド?チアゴにボールが渡る前でした。あーまあ、手に当たってるか。相手もおもくそ掴んでるけどさー。

しかしながら、何度でもチャンスを作り出しちゃうのが、この日のリヴァプール。
これぞアーノルドなクロスがマネに届き、バチコーンと。

3-1。

嗚呼、神々しい。

残り時間はまだ結構残っていましたが、スパーズは半ば戦意喪失か。リヴァプールのペースで試合が進みます。
チアゴに替えてカーティス・ジョーンズ投入。さらに残り数分というところで、フィルミーノに替えディボック・オリギ。
いや、この展開でオリギ出しても何も起こらんだろ!(南野出して!)

案の定、オリギは「じゃない」時のオリギのままタイムアップ。

3-1で試合終了。

本当に久しぶり。勝利ってこんなに嬉しかったんですね。優勝戦線にはなんとか踏み留まれたといったところでしょうか。
ここから先も、厳しい状況が続きますが、明るい兆しも見えてきました。
え?マティプ重症?ファビーニョ早く帰ってきて(泣)CB獲って(懇願)

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。