【感想】苦行!ニューカッスル戦

2021-04-25

いやはや、何コレ。
24日、ホーム、アンフィールドで行われた20-21プレミアリーグ第33節、ニューかっすウr・ユナイテッドとの一戦は1-1でドロー。
あーもう!ブログ書くのしんどー!リヴァプールのバーカ!

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネに加え、ディオゴ・ジョタ。よく分からんけど、攻撃的な布陣。これは期待大。
でも、変わったことすると裏目に出るってこと、ちょいちょいあるからな~。不安もあります。

ベンチには、カーティス・ジョーンズが復帰。ベン・デイヴィスはベンチ入りせず(泣)

試合前

スーパーリーグ構想に参加したことへの抗議のバナーが、アンフィールドの周辺のいたるところに掲げられていました。

俺はDisagree。何代にも渡って応援してきた現地ファンにしか分からない感覚があるのだろうけど、いい加減ちょっと落ち着けよと。

ファン達が、自らが提供したアンフィールドのバナーの撤去を申し立てていたという話もありましたが、それは行われず。選手、スタッフには何の罪もありませんからね。
皆、応援する気持ちは変わりません。

前半

おっと、いきなり。マネのクロスはカットされるも、フラフラと打ちあがったボールの落下点で待ち構えていたのはサラー。うまいこと体を使って相手をいなし、クルッと反転。そしてブチ込んだ。

1-0。

珍しく前半で先制点ゲット。いい流れです。

1-0で前半終了。

いい感じじゃん!これはイケる!4点くらいとろーぜー。

ピンチはしっかりとアリソンがカバー。こりゃあ強いは。大量点にクリーンシートで爆勝だ!

マネのクロスをジョタがダイレクトで合わせるも、GK正面。でも、イイ感じ。

ファビーニョ、サラー、マネ。美しく繋がった!しかし、シュートはミートしきれなかったか。

いいよいいよ。

相手のミスも逃さず。サラーが獰猛に襲い掛かり、マネが繋ぎ、最後はジョタ。あーでも、シュートがちょっとズレた。

フィルミーノの浮き球のパスにサラーが反応。上手いこと抜け出すも、GKの落ち着いてブロック。

うーむ…チャンスはモリモリだけど…

またフィルミーノからサラー。サラー、走る。優しいラストパスをマネへ。決・定・機!
でも、またGKに阻まれた…

まあ、まだ笑って許せるレベルだよね。(にっこり)

いや。

確信に近い、嫌な予感、ありましたよね。

1-0で前半終了。

後半

ほーら、決めるべき時に決めないからあ!
うわ。アリソン、超ナイス。

うーむ。悪くはないけれど…
アンドリュー・ロバートソンが遠目から狙ったシュートは枠の外。
サラーも枠の外。

トレント・アレクサンダー=アーノルドのボレーも枠の外。枠に飛んでればスーパーだった。枠に飛んでればね。

ジェームズ・ミルナー、カーティス・ジョーンズを投入するも追加点は奪えず。

お約束に向け、着々と前振りを重ねていくこの感じよ…

マネ、ミルナー。いい攻撃だけどねえ。そういうの、やればやるほどね…

ね。

はい。お約束。残り数分。ついに陥落です。溜めて溜めてのウルトラクライマックス!

1-1。

嗚呼、美しき起承転結よ。

いや、何?ハンド?

ほんとだ。腕に当たってる。良かった。命拾い。
さあ、勝つぞ!

あれ?

ジタバタジタバタジタバタ…

1-1。

うわー。あの幻のゴールさえも、前振りだったか~。試合終了間際のクソ失点。究極の様式美。
ネタクラブLiverpool is back!
全米が泣いた!

1-1で試合終了。

HAHAHAHAHAHAHA…(泣)

さあ、次節はマンチェスター・ユナイテッド戦。いい意味で泣かせてくれるよな?

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。