熱戦を!ニューカッスル戦

2018-03-03

日本では非常に温かい一日となりましたが、あちらは大変なようで。
極寒の中ですが、日付変わって日本時間、明日午前2時30分、プレミアリーグ第29節、ニューカッスルとの一戦がホーム、アンフィールドにてキックオフとなります。
寒さを吹っ飛ばすような熱戦を期待したいですね。

大寒波襲来

ここ数日、ヨーロッパは記録的な大寒波に襲われているようです。
イギリスでも5年振りとなる大雪に見舞われ、その真っ只中で行われたアーセナル対マンチェスター・シティ戦は、内容以外の部分も大いに話題になりました。(しかも内容も寒かった・・・)

リヴァプールも少しだけ雪が降ったみたいです。選手達も雪の結晶マーク付きでトレーニングの様子をアップ。

シモン・ミニョレにアルベルト・モレノ。
この二人はベンチかな。ある意味座っている方が辛い試合になるかもしれません。

なにやら強盗団のような出で立ちの選手達。

ユルゲン・クロップ監督も重装備です。

犬は喜び庭駆け回るとでもいいましょうか。疲れを知らぬスタミナと、時折り見せる人懐っこさ。子犬のようなアンドリュー・ロバートソンは顔に何も付けずに元気です。

この人も。鉄人ジェームズ・ミルナー。
どうもこの試合は出場が微妙なようですが、常に気合十分ですね。

現在、セリエAのラティオでプレーするルーカス・レイヴァ。
本拠地ローマでも雪は珍しいらしく、はしゃいでます。

少々、話がそれました。
肝腎の試合時のアンフィールドはといいますと、やはり0度近くまで冷え込むようです。そして雨または雪の予報。
雨・・・雪の方がまだマシか。

とにかく過酷な環境での試合になりそうです。ピッチも荒れるのではないでしょうか。怪我にだけは気をつけてもらいたいですね。

氷の智将

そんな大寒波に合わせるようにやってくるのが、共にチャンピオンズリーグを制した、スティーブン・ジェラードをして「氷」と言わしめたラファエル・ベニテス。

アンフィールドへの帰還。感慨深いものがあると思いますが、その事はおくびにも出さず、冷徹に引いてくるでしょうね。降格の危機に瀕するニューカッスル。とにかく勝ち点1を。徹底的なドン引き戦術を採用してくるかもしれません。

そっちが氷なら、こっちは炎だ!
熱血漢クロップ率いるリヴァプール。
前回の対戦では1-1のドローに持ち込まれてしまいましたが、あの頃はシュートを打てども打てども入らない絶不調期。面白いように点が入ってる今とは、状況がまったく異なります。

やはりあの三人に期待しますか。
今の彼らなら、ドン引きの分厚い守備も有無を言わさず粉砕してくれる事でしょう。

モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ。
エジプト、セネガル、ブラジルと寒さとは無縁の地域の出身ですが、スイス、ドイツ、オーストリアと寒い地域でのプレー経験もあるので大丈夫なハズ。。。

ドン引きに対策はこの人にも期待ですね。

アダム・ララーナ。
中盤に離脱者が続出しているので、スタメン復帰もあるかもしれません。

極寒の夜。観客達も、辛い状況での応援となる事でしょう。
熱戦でアンフィールド全体を温めてもらいたいですね。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。