【展望】更なる加速を!ボーンマス戦

2019-12-07

ELLDdGWWoAAQhOH

毎回言ってる気がしますが、過密日程の中の厳しい戦いです。
日本時間、12月8日、0時、19-20シーズン・プレミアリーグ第16節、ボーンマスとの一戦がアウェイ、ディーン・コートにてキックオフとなります。
来週辺りから、スケジュールは更に厳しさを増します。快勝で勢いをつけておきたいですね。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。

また不調クラブ相手

ボーンマスは現在、勝点16で15位。降格圏の18位サウサンプトンとの勝ち点差は僅かに1。この試合の結果次第では、降格圏転落の可能性もあります。
なんか、前節と似たシチュエーションだな。
42歳の青年監督、エディ・ハウは次世代の名将として注目を集めていましたが、ちょっと歯車が狂い始めたか。他クラブからの関心も噂されているだけに、近々、なんらかの動きがあってもおかしくありません。
まさか、2試合連続で、監督にトドメを差すような事は…

ここまで4勝4分7敗。
得点が18、失点が21いうのは、そこまで悪い数字ではありません。7位のクリスタル・パレスは得点14の失点18です。どうも勝ちきれてませんね。ただ、大きく崩れることは少ないようで、マンチェスター・シティ、レスターという上位2クラブに3点とられた以外の敗戦は、すべて1点差です。
粘られると厄介な相手かもしれません。早めに2点くらい取って、戦意を挫いてしまいたいですね。

若者たち

ボーンマスといえば、リヴァプール期待の若手、ハリー・ウィルソンが武者修行に行っているクラブです。ここまで6得点と大活躍。ボーンマスの得点の3分の1じゃないですか!
リヴァプールの選手なので、この試合は出られません。見たかったけど、脅威が減ってなにより。
それから、元リヴァプールのジョーダン・アイブ、ドミニク・ソランケもいます。
二人とも将来を嘱望された若手でしたが、伸び悩み気味か。ここまで、ゴール無し。なんとか殻を突き破ってもらいたいですね。次節以降で!

復活なるか

この試合は、前節出番が無かったモハメド・サラーに期待したい!

昨シーズン、ボーンマス相手にハットトリック達成してます。12月9日の事でした。ほぼ一年前。そういえば、サラー。昨シーズンも最初の頃は調子悪そうだったな~。
この試合、復調の切っ掛けを掴むには持って来いかもしれません。

それから、もう一人。

ナビ・ケイタにチャンス到来かって、ジェームズ・ピアースさんが言ってるみたいです。
彼もそろそろ本領発揮しても貰わないと困りますね。
前節では、ジェルダン・シャチリ、アダム・ララーナという出場機会少ない仲間の二人が活躍しました。奮起してもらいたいですね。

シャキリ、ララーナにも引き続き期待!彼らの活躍が、過密日程を乗り切る鍵となるか!?

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。