【展望】敵地で勝利を!ゲンク戦

2019-10-23

EHfyfF0XUAA5Xvb

忙しい日々が戻ってまりました。
日本時間、10月23日、4時00分、19-20シーズン・チャンピオンズリーグ・グループステージ第3戦、ゲンクとの一戦がアウェイ、クリスタル・アレナにてキックオフとなります。
忙しいけれど、その分切り替えも早く出来る。数日前の悔しさを晴らす快勝を期待したいですね。

ついに来たか

ここのところ寒いですね。
冬の足音が聞こえてきました。冬というと過密日程。それから、もう一つ恐ろしいのが野戦病院。どうも、その兆候が漂い始めたようです。

ジョエル・マティプが膝の痛み、トレント・アレクサンダー=アーノルドが風邪で欠場。
俄かに最終ラインが手薄になりました。
となると、マティプの替わりにデヤン・ロヴレン、アーノルドの替わりにジョー・ゴメスか。

この試合で復帰するとされていたモハメド・サラーも欠場濃厚な模様。

EHgLK-LWwAAu49I

ロヴレン残念!

ジェルダン・シャキリもまだ復帰には至らず。本当に、冬が近づいてきた事を実感する次第です。

しかし、まだどんなメンバーを組んでくるのかとワクワクするくらいの余裕はあります。
この間の試合で、それぞれの持ち味を見せた、ナビ・ケイタ、アッレクス・オックスレイド=チェンバレン、アダム・ララーナには期待したい!

内弁慶

名だたるビッグクラブを次々と飲み込んでいった、アンフィールドの熱気。
アンフィールドでリヴァプールに勝てるクラブは、存在しないとまで言われるようになりました。

そうアンフィールドの後押しがあれば、リヴァプールは無敵。
アンフィールドの後押しがあればね。

無いときは?

アンフィールドの熱気ばかりがクローズアップされて、見落としがちですが、アウェイはなかなかボロボロです。
二年連続で苦杯を舐めたナポリ戦。物々しいスタジアムの雰囲気に縮み上がったレッドスター戦。その後のドラマの前フリになったから良かったものの、散々な目に遭ったバルセロナ戦。ついこの間もなんかあったな。なんちゃらユナイテッド。まあ、それはいいか。
とにかくアウェイがパッとしないのです!

昨シーズンのCL、グループステージはアウェイでの勝利無し!
いつの間にか内弁慶になっていました。

ゲンクは現在、1分1敗でグループEの最下位。地力でもリヴァプールが圧倒的に勝っている筈です。すんなり勝つべき相手ではあるのですが…
アウェイでザルツブルクに2-6とボコボコにされたにも関わらず、ホームではナポリに0-0でドローと健闘。コイツらも内弁慶か?
ホームの観客の声援を背に、調子に乗ってくるかもしれません。
大丈夫か、リヴァプール。クロップ就任直後は、むしろアウェイで圧倒的な勝ち方をしていました。
今の安定感のある強さもいいけど、あの頃の突風のような強さも恋しい!

またギリギリまでもつれるリヴァプールWayとかいいから、敵地でスカッとする勝ち方を見せてくれ!
こっちはアホキンソンとかのせいで、ストレス溜まってんだ!

気合入れてくれ!

気抜けてないよな!?

気抜けてないよな!?
立ちション!?
まあ、出すものしっかり出して、万全の状態で試合を迎えてください。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。