鬼門突破!シャチリ見参

2018-07-14

無事に・・・本当に無事にという言葉がピッタリです。
決まりました。
リヴァプールはストークからスイス代表のジェルダン・シャチリを獲得した事を正式に発表しました。
この夏、3人目の新戦力。ようこそシャチリ!

ワールドカップでスイスが敗退して以降、一気に熱を帯びて来たシャチリ獲得の噂。
特に昨日は「今メディカル中!」という情報が流れ、メディア、SNSがザワザワしていました。
普通に考えたら確定、あとは公式発表を待つばかりという状況でしたが、リヴァプール的にはメディカルが鬼門なんですよね。
つい先日のフェキルの一件もメディカルで問題が見つかって破談という噂がありました。
しかもメディカルの段階で破談になるのは初めてではない。
正直不安でした。

しかし彼はやってくれた!
難攻不落のリヴァプールのメディカルを突破し、我々の前に姿を現してくれました!

なかなか負けん気が強そうな面構えですね。
リヴァプールのカラーにフィットするのではないでしょうか。

背番号は23。
いきなりリヴァプールにとって重要な番号を背負う事になったワケですが、似合ってるんじゃないでしょうか。
ガッツありそうだし、なによりあの鋼のような肉体。ジェイミー・キャラガー、エムレ・ジャンと続く武闘派の系譜をしっかり受け継いでくれんじゃないです。

声は結構かわいい。

ユルゲン・クロップ監督、ジョルジニオ・ワイナルドゥムと交流する姿からは人懐っこさも垣間見えますね。

移籍金は約£13.5mとされています。
昨今の移籍市場の中では、随分とお買い得と言えそうですが、獲得に懐疑的な声も少なからずありますね。
リヴァプールの強力スリートップに並ぶ存在になれるのか、と。

しかし思えばアレックス・オックスレイド=チェンバレンも最初はそれ程期待されていなかったし、アンドリュー・ロバートソンがあそこまで化けると予想した人はほとんどいなかった事でしょう。クロップの眼力を信じましょう。

まずはプレシーズン。スリートップの合流が遅れている今が大きなチャンスかもしれませんね。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。