【展望】因縁のバルセロナ戦

2019-05-01

ついに、あのクラブとの対戦が実現します。
日本時間、明日2日、4時00分、18-19チャンピオンズリーグ準決勝1stレグ、FCバルセロナとの一戦がアウェイ、カンプ ノウにてキックオフとなります。
色々ありました。絶対に負けたくない相手ですね。

注目の対決

バルサといえばリオネル・メッシ。世界最高のアタッカーですね。知らんけど。
それに対するリヴァプールには、現役世界最高DFとの呼び声高い、ビルヒル・ファン・ダイクがいます。
ファン・ダイク自身はチーム全員で抑えるものだ言っているようですが、この最強の矛と盾の対決、かなり注目されていますね。
この対決を制した方が、バロンドール。そんな声すら、聞こえてきています。

プレミアの年間最優秀選手に続く、栄冠となるでしょうか。

久しぶり

バルサと公式戦で激突するのは、06-07シーズンのCL以来。
かの有名な、ゴルフクラブ事件の時です。

今回もバルサには、ゴルフクラブが効くんじゃないかって暴論が飛び交っているようですが、今のチームにはそんな暴れん坊は・・・

ま、まさかね・・・
でも、本人も食い止めるのは簡単ではないとか言ってたみたいだし、もしかすると・・・

攻撃は最大の防御。もしかして、そういう事?

元凶

因縁の元凶。元リヴァプールのルイス・スアレスフェリペ・コウチーニョ。
まあ、スアレスに関しては、禍根は無いけど、やっぱりナニクソ!って思いはありますよね。
一泡くらいは、吹かせてやりたい。

なんか、しばらく見ない間にモジャモジャしてんな。

で、コウチーニョ。
出てくるか出てこないか、微妙なところみたいですね。
まあ、この試合は、出てきたら、お手並み拝見といきましょう。ブーイングは2ndレグのお楽しみ。

総力戦

怪我が心配された、ロベルト・フィルミーノ、足を踏まれた、ファン・ダイク、頭を強打したファビーニョ、みんな大丈夫みたいです。

さらにアッレクス・オックスレイド=チェンバレン、ジョー・ゴメスもメンバー入り。
ジェルダン・シャチリも、この前の試合では調子が良さそうでした。

アダム・ララーナがいないのが心配ではありますが、かなり戦力が揃ってきていますね。
バルサ相手にどんなメンバーで臨むのか。交替のカードの切り方にも、注目が集まりますね。
まずは敵地で先勝!最高の雰囲気で、アンフィールドの帰ってきてもらいたいですね。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

【展望】因縁のバルセロナ戦」への2件のフィードバック

  1. 白鵬とかち上げ

    まるで歯が立たなかったな。強くなったと思ったけど、1topにシェルベイ置いてたときとかわらない。SBゴメスは二度とやるなと言ったのにまたやってるし。今シーズンは楽しませてもらったからファンとしてはかなり満足だけど、結局無冠なら選手は態度かわるだろうな。シメオネの「CLベスト4よりタイトル」が重くのしかかってきた。

    返信
    1. Miya 投稿作成者

      前半はいけると思ってたんですけどね・・・アンフィールドでの大逆転と、ロジャースの援護射撃を信じます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。