【感想】がっぷり四つバイエルン戦

2019-02-20

引き締まった試合でした。
20日早朝、ホーム、アンフィールドで行われた18-19チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグ、バイエルン・ミュンヘンとの一戦は0-0のドロー。
熱戦でしたが、スコアは動かず。しかし、2ndレグへの確かな手ごたえを感じる内容だったのではないでしょうか。

スタメン

出場停止のビルヒル・ファン・ダイクの代わりにセンターバックに入ったのは、やはりファビーニョ。
体調不良で欠場という情報があったロベルト・フィルミーノは間に合いました。
ここのところ徐々にフィットしてきているナビ・ケイタにも注目ですね。

がっぷり四つ前半

互いに集中。緊迫感溢れる展開です。
ジョーダン・ヘンダーソンが中盤で存在感を発揮していますね。ケイタも守備するようになってきてます。

センターサークル付近からのヘンドの縦パス一本。抜け出したモハメド・サラー。
足先で合わせたシュートは惜しくもゴールキーパー正面。

バイエルンも黙っていません。アンドリュー・ロバートソンが珍しく抜かれてクロスを上げられ、ピンチ。
マティプのクリアを、アリソンが胸で弾き返しました。
さらに続く波状攻撃。ファビーニョ頑張った!

サディオ・マネケイタのホットラインがリヴァプールでも開通間近か。
ケイタのパスからのマネのシュートは、あとちょっとで枠内。

病み上がりとは思えないキレのフィルミーノ。
からのケイタ。シュートはブロックされるも、ボールがこぼれたところにいたのはマネ。惜しい。やはりこの二人、息があってます。

またしてもキレキレのフィルミーノからのケイタ。シュートはブロックされるのも同じ。で、ボールの軌道の先にはマネも同じ。
オーバーヘッド!しかしミートし切れず。

あとちょっとなんだよな~。

ヘンドのボール奪取から、サラーのオシャレヒール。絶対病み上がりじゃないフィルミーノから、最後はマティプ。
あ~惜しい!

レント・アレクサンダー=アーノルドのクロスからフィルミーノのシュート。
こぼれたところに、またマネがいたけど、今度は追いつけず。

他にもアーノルドの果敢な突撃、ケイタのヌルヌルドリブル等、見どころは盛り沢山でした。

1点は欲しかったところですが、相手もさるもの。

ネットは揺れず、0-0で前半終了。

がっぷり四つ後半

後半開始とともに仕掛けるリヴァプール。押し込んではいるものの、どうも最後のところ・・・
パス通らないなー、と思ってたけど、そうか!バイエルンの守備がいいんだ!気付かなかった~。フンメルス?凄いじゃん。

バイエルン強い。
ロボがこんなにやられるなんて。しかし、ファビーニョ奮闘。

ヘンドは中盤で相当効いてるし、ジョルジニオ・ワイナルドゥムのしつこさにバイエルンはかなり消耗している事でしょう。マティプもかなり高い位置からボールを奪いにいってますね。

2枚替えでゴールを奪いにいくリヴァプール。
ケイタ、フィルミーノに替え、ジェームズ・ミルナー、ディボック・オリギ投入。
ケイタはもう少し見たかった。初ゴールの日も近いのではないでしょうか。
フィルミーノの交代は体調を考慮しての事でしょう。
攻撃の軸を欠く事になりますが、オリギのラッキーボーイ的な活躍に期待。

う~ん、オリギ。。。パッとしませんねえ。
まあいいや。可能性とか小出しにしなくていい。突然、点決めてくれればそれでいいのです。オリギはそもそもいなかったかのように推移する試合終盤。(消えてる・・・消えてるけど、まあいいか。アイツは忘れた頃に仕事する。)

ロボのクロスにマネがダイビングヘッド。
しかしGK。
あーノイアーね、ハイハイ。バイエルン凄いな~。


アディショナルタイムは4分。
選手交代で時間を使うバイエルン。アウェイだしドローでOKという判断でしょう。
でも、ずっと消えてたオリギが残り10秒くらいで決める、ステルス爆撃があるかもよ?

淡々と過ぎて行く時間。勝ち点1のまま終わるのか、劇的展開が待っているのか。
おっと逆側に劇的展開か?ピンチになりかけ・・・でもボールが審判に当たった!こういう時、高確率で失点するのがリヴァプール。危なかった。
ファン・ダイクがいない代わりに、意外なところにDFがいました。
そういえば、こんな所にも。

妙に怪しい恰好のデヤン・ロヴレンは上の方から、念を送っていました。

4分を経過しようかという頃に与えてしまったフリーキック。
距離は結構あるけど、これはマズイ。試合終了間際。セットプレー。リヴァプール黄金の失点パターンです。

絶体絶命か・・・

しかし何故か、前に出さず自陣で試合終了を待つバイエルン。そして笛。

アホなのか?

こういう時のリヴァプールは失点する仕組みになってるのに。
いやー助かりました。

0-0で試合終了。

全体を通して見れば、勝てる試合でした。しかし慣れない布陣で、クリーンシートを獲得できた事は、大きな収穫でしょう。
2ndレグはファン・ダイクが戻って来るし、フィルミーノも万全の状態で臨める事でしょう。
熱い試合が期待出来そうですね。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。