【展望】全然大丈夫!バイエルン戦

2019-02-19

最高峰の戦いが帰ってまいりました。
日本時間、明日20日、5時00分、18-19チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグ、バイエルン・ミュンヘンとの一戦がホーム、アンフィールドにてキックオフとなります。
今シーズン最大の目標はプレミア制覇とは、よく言われていますが、CLを蔑ろにしていいのかと言われれば全然そんな事は無く・・・勝ちたいですよね、CL!

一大事

守備の要、ビルヒル・ファン・ダイクが出場停止、ジョー・ゴメスは間に合わず、デヤン・ロブレンも欠場が濃厚。アカデミーの若手を除けば、本職のセンターバックはジョエル・マティプのみ。
いわゆる火の車なワケですが、まあちょいちょいあるヤツですね。

ファン・ダイクとゴメス不在は前から分かっていた事だし、数日前の時点で、ロヴレンもいないという前提で話がされていました。

それでもキャンプの写真からは悲壮感のカケラも感じられませんでした。

マティプ1バック。昨シーズン序盤あたりはこんな事言われてましたね。
またよろしく。相方はファビーニョが務める事になるのでしょう。最終ラインにパスセンスのある長身が二人並ぶ。
頼もしい気がしてきました。
しかもアリソンアンドリュー・ロバートソンがいます。トレント・アレクサンダー=アーノルドもメキメキと成長しています。全然大丈夫なんじゃないですかねえ。
むしろ最近ファン・ダイクに頼り過ぎ!本当に強いチームというのは、こういう時に勝つチームの事を言うのでしょう。

もう一つ一大事

守備の要いなくてもOK、打ち合い上等よ?なーんて思ってたら攻撃も!?
ロベルト・フィルミーノがウイルス性疾患で欠場の恐れ・・・守備と攻撃、両方の要がいないかもだってー!?

これはキッツイですねー。
で、でもサディオ・マネが絶好調だし、モハメド・サラーも前の試合で久しぶりにゴールを決めました。ジェルダン・シャチリは古巣対決に燃えている事でしょう。

そして、こういう時にこそ、ヒーローが現れるのでしょう。昨シーズン、後半から大活躍だったアレックス・オックリド=チェンバレンのように。
今シーズン、それはきっとナビ・ケイタ。
まったく待たせやがって。

あとディボック・オリギあたりが、最後の方ちょろっと出てきて、シレっと値千金団決めるなんて展開も期待しています。

ニューヒーローが出てくれば、チームは一気に勢いづきます。
トーナメント戦にはそういう勢いこそ重要。
たとえフィルミーノが出れなくてもギラギラしてる選手はいっぱいいる!

あっちも一大事

バイエルンも結構出らない選手いるっぽいです。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。