YNWA、クロップ

2021-02-11

非常に悲しいニュースです。
すでに多く人が知っていると思いますが、我らがボス、ユルゲン・クロップのお母様、エリザベトさんがお亡くなりになりました。
まずは、謹んでお悔やみ申し上げます。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


本来であれば、チームを一時的に離れ、葬儀に参列していたのでしょう。しかし、コロナの影響でドイツに帰れず、最後の対面すら出来ぬままの別れとなってしまいました。

発表があったのは10日。葬儀を終えたタイミングだったようです。亡くなったのは1月19日とのこと。
プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦の直後です。それから6試合、母の死を秘したまま、指揮をとっていたことになります。
このところの憔悴ぶり、シティ戦の記者会見に代表される余裕の無さは、チームの不調からくるものだけではなかったということですね。

そして、このような笑顔の裏にも測り知れない悲しみがあったと考えると胸が締め付けられます。

クラブはもちろん、寄り添う姿勢を示しています。
選手たちも。

リース・ウィリアムズ。

他にも多くの選手が、インスタグラムのストーリーズで弔意を表しています。

ライバルたちも

ウルブス。

スパーズ。

アーセナル。

他リーグからも。

バルセロナ。

アトレティコ・マドリード。

そして、とても意外な人物からも。

ラヒーム・スターリング。
普段はボロクソ言ってますが、これに関しては本当に拍手を送りたい。彼も、父親が銃で撃たれるという悲しい過去を持ってますからね。

本来なら、ファンがスタジアムで大声援を送るところではありますが、それは出来ない状況。ネット上にしか声を上げる場はありませんが、できることはしましょう。

選手、スタッフは直接なにかしらの言葉をかけていると思います。でも、最も分かりやすい形で励ませるのは勝利。
今起きていることは、試合なんかより遥かに重大ですが、せめて勝利を。
レスター戦、必勝ですね。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。