【感想】やっちまった!マンチェスター・シティ戦

2021-02-08

ええ、もう。盛大に。
8日、ホーム、アンフィールドで行われた20-21プレミアリーグ第23節、マンチェスター・シティとの一戦は1-4で敗北。
アンフィールドで記録的連敗だし~シティにホームで負けるのもいつ以来だって話だし~ついにアイツに決められるし~最悪か!

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

新しいCB二人はベンチスタート。引き続きジョーダン・ヘンダーソンとファビーニョが最終ラインを固めます。
中盤には久々スタメンのカーティス・ジョーンズ。
他は長期離脱者を除けばベストメンバーが揃ったといったところでしょうか。
これなら勝てる!…気がする。

前半

おお。アグレッシブな展開。息つく間もない攻防戦。シュートは無いけど、非常に面白い展開です。やりゃあ出来んじゃん!やっぱ強いよリヴァプール。

トレント・アレクサンダー=アーノルドからサディオ・マネのヘッド。枠行かなかったけど、なんか気迫を感じる!
ヘンドの長いボール。モハメド・サラーの抜け出し。ロベルト・フィルミーノのボレー。みんな頑張ってる!
中でも強烈な光を放っていたのがジョーンズ。キープ力が凄まじい。

シティの攻撃。アイツがドリブルでエリア内に。ファビーニョの足がちょっとかかってしまったか。PKの判定。

いや~。キッカーは違うけどPKゲットしたのアイツだからな。間接的にでも得点に関与させてはならない。

ハズセハズセハズセハズセハズセ

っしゃーーーー!!!

見たか!アンフィールドに観客はいなくとも!全世界のKOPの生霊が!外させた!

共に戦うぞ!

コースはあってたアリソンもナイス!

その後も緊迫した展開のまま、試合が推移。決定機はなくとも近年のプレミアの覇権を争ってきた両雄らしい素晴らしい試合展開でした。

0-0で前半終了。

後半

シティの猛攻。またアイツか。クロス。シュート。
アリソン、よく止めた!クソヤローのアシスト阻止!しかし弾いたボールを詰められ…

0-1。

大丈夫。今日の感じなら取り返せる!アイツにアシストつかなかったし!

ジョーンズのシュートはちょっとだけ枠の外。あー触れられてたか。いいよいいよ!

アーノルドの後方からのボールに、サラーが走る。倒された!PK獲得。

ド緊張…

決めろ~…

っし!!

全世界のKOPの思いが届いた!
てか、サラーならフツーに決める!

さあ、試合は振り出しに。

ここでリヴァプールベンチ、動きます。>ジョーンズとチアゴ・アルカンタラに替え、ジェルダン・シャキリとジェームズ・ミルナー。
イエロー食らってたチアゴはともかく、輝きまくってたジョーンズまで下げるのか。この交代の意図は…

果たして…誰か分析してくれーい。

って!

二枚替えの意図が解き明かされる前にですよ!

アリソーン!キックミスった。
このレベルでは一つのミスが命取りか。

はい。

1-2。

一つどころじゃねーな。またやったアリソーン!

1-3。

まあ、こういうこともある。しゃーないしゃーない!

あ。7番。決めたのアイツじゃん!
…死去。

もうダメだ…

あーなんか凄いの決められましたわ。

1-4。

も~知らない。2枚替えの意図は謎のまま…

そして切られる3枚目の交替カード。アンドリュー・ロバートソンに替えコスタス・ツィミカス。

あーこれは意図がはっきりしてますね!

敗戦処理。

ツィミカスの慣らし運転。
CLも始まるし、少しでもフィット感高めといてね!
それから、少しでも明るい要素を見せて。

まあ、完全に戦意喪失して、あんまり試合見てなかったけども!ゴメンね、ツィミカス。何か掴めてたらいいんだけど。

1-4で試合終了。

はあ。やれやれ。正直なところ、プレミア連覇は非常に厳しい状況となったと言わざるをえません。でも、すぐに次の試合はやってきます。
一戦一戦を大切に戦っていくしかありませんね。
この敗戦から学ぶべきことを学び、忘れるべきことは忘れる!アリソンどんまい!

よし、CL優勝すんぞ。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。