18-19版プレミアリーグ地理のお勉強

2018-08-11

プレミアリーグ開幕が迫ってきました。
イングランド各地に散らばった全20クラブによって行われる総当たり戦。
それぞれのクラブがどこにあるのかは意外と、知らないものですね。
アウェイ戦の移動距離など、実は結構重要だったりする位置関係。
昨シーズン開幕前にも書きましたが改めて、プレミアリーグの地理、紹介してみたいと思います。

プレミアリーグ全20クラブの位置を記したイングランド、ウェールズ全域の地図になります。
マーカーに触れるとクラブ名が表示されます。


北部にズームイン。


こちらは南部。


まずは昇格組の位置に注目してみましょう。ウォルヴァーハンプトンはイングランド中部。レスターの近くにあります。リヴァプールからはそれほど遠くありませんね。
カーディフはウェールズの南岸。降格したスウォンジーが近くにあります。
フラムはロンドン南西部。

移動が厄介なのがフラムですね。ロンドンのクラブは近郊のワトフォードを含め7つとなります。かなり頻繁に行き来することになりますが、リヴァプール-ロンドン間は約350km。東京-名古屋間とほぼ同じ距離で、バスでの移動は約4時間程かかるそうです。
試合後、リヴァプールに戻るころには、日付が変わっている事もあると聞きます。結構しんどいですね。

スパーズとかチェルシーとか降格しろ!

ロンドン以北にはオックスフォード、ケンブリッジと大学で有名な都市がありますが、ウォルヴァ―ハンプトン、レスターまでプレミアのクラブが存在しない空白地帯です。
イングランド南岸にはボーンマス、サウサンプトン、ブライトン。
それぞれ前進クラブを含めると、長い歴史を持ったクラブですが、近年力を付けてきた新興クラブといえるでしょう。

北部には我らがリヴァプール。
イングランドの覇権を争ってきた歴史のある宿敵のマンチェスター・ユナイテッド。
お隣さんのエヴァートン、北限の名門ニューカッスルも歴史あるクラブですね。

続いてチャンピオンシップ(2部)のクラブの分布も見てみましょう。

ロンドンにはフラムが昇格しても、まだ3クラブあります。クイーンズ・パーク・レンジャーズはここのところ低迷しているようですが、プレミアでもお馴染み。
いつまたプレミアにロンドンのクラブが増えてもおかしくありませんね。

やっぱ代わりにスパーズとかチェルシーとか・・・いかがでしょうか?

北部にはボルトン、リーズ、3部に降格してしましましたが、サンダーランド等、古豪の名前が。

アストン・ヴィラのバーミンガムもやや北寄りですね。

1888年に世界初のサッカーリーグとして始まったフットボールリーグ。最初の12クラブは以下となります。
アクリントン、アストン・ヴィラ、ブラックバーン、ボルトン、バーンリー、ダービー・カウンティ、エヴァートン、ノッツ・カウンティ、プレストン・ノースエンド、ストーク・シティ、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン、ウォルヴァーハンプトン

先日、プレシーズンマッチで対戦したブラックバーンもリヴァプールよりかなり北に位置しています。バーンリーは割と新興クラブのイメージがありましたが、リヴァプールより歴史があったんですね。

なんと当時はロンドンのクラブは無く、大半が北側でした。フットボールはもともと北部の方が盛んだったと言いますからね。労働者階級のスポーツだという事が関係しているのでしょう。

そしてKOPなら知っておきたい事。
ヒルズボロの悲劇の現場となった、シェフィールド・ウェンズデイの本拠地、ヒルズボロ・スタジアムはリヴァプールのほぼ真東、約100kmの位置にあります。東京からだと大体、熱海くらいの距離です。決して近くはありませんが、リヴァプールを訪れる事があれば、脚を伸ばす事も可能ですね。

南はロンドン、さらにはイングランド南岸。北はニューカッスル。決して裕福とはいえないにも関わらず、チームを追って遠征するKOP達には本当に頭が下がります。
ちなみに東京からリヴァプールまでは9200km。まあ・・・数字は忘れて、飛行機に乗りましょう。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

18-19版プレミアリーグ地理のお勉強」への4件のフィードバック

  1. 藤川太門

    ふだんの生活とは馴染みのないイングランド。
    各チームの地理がすごくよくわかって、とってもうれしい記事です。

    返信
    1. Miya 投稿作成者

      イギリスは狭いイメージがあるけど、リヴァプールからロンドンまでは結構遠いみたいですね。
      自分でも書いてて初めて知る事が多くありました。

      返信
  2. 匿名

    遂に開幕しましたね!
    今シーズンは選手層に不安を残しつつも、どのタイトルでも射程圏に収める素晴らしい選手達がいるワクワクするシーズンですね!
    去年のリベンジでCL、悲願の初優勝プレミアリーグ、どっちでも良いからタイトルが欲しいところです。
    クロップと選手達がトロフィーを掲げる事を期待して今年も精一杯応援したいですね!

    返信
    1. Miya 投稿作成者

      本当に今年こそは!ですね。
      いきなりメンバーに不安ですが、とにかくタイトル。それも大きいヤツ、獲得して欲しいですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。