ミルナーのツイッターデビュー1周年

2019-03-22

あの事件から早一年。
あまりにも唐突に、誰もが予想しなかった形でSNSデビューを飾ったジェームズ・ミルナー。
衝撃でしたね。全世界で大騒ぎになりました。それまでのイメージを崩壊させ、新規ファンをごっそり獲得しました。大人気ツイッタラーとして歩んだミルナーの1年間を振り返ってみたいと思います。

謎の画像で彗星の如くツイッター界に現れたミルナー。

リツイート、いいね、返信の数をご覧ください。凄まじい反響です。

それから1年。まったく同じ画像で振り返り。色々ありましたね。
本人もここまでの反応がるとは思っていなかった事でしょう。
それまでは寡黙な仕事人のイメージ。Boring(退屈な)とも言われ、どちらかと言えばとっつきにくい存在でした。それが突然、チーム屈指のお茶目キャラに変貌を遂げるんですもの、そりゃあビックリしますよ。

View this post on Instagram

Missed.

James Milnerさん(@jamesmilnerofficial)がシェアした投稿 –

反響の大きさに気を良くしたか、ツイッターデビューから程なくしてインスタグラムまで始めています。

堂々の非Borning宣言。

見えないアイスクリームって、こんな事いう人だったんですね。

顔に付いたCLロゴの取り方教えてくれって・・・ユーモアのセンスが大いに話題になりました。

ユニフォームのモデルに起用してもらえなくていじけるっていう、その辺の非リア充みたいな使い方もしてます。

かと思えば大好きなゴルフでリア充アピール。

イングランド代表復帰待望論もありましたが、本人の中では、もう区切りはついているのでしょう。後輩たちを応援。

かと思えば、試合以上にきっちり爪痕を残したりもしています。

休暇中も、俺を忘れるなと言わんばかりの強烈な写真でアピール。

ユニフォームのモデルになれなくて、まだいじけてます。結構かまってちゃんなのかもしれません。

しかし負傷中の仲間を気遣うあたりは、さすが副キャプテン。

新たな仲間に対する気遣いも忘れません。

怪我アピール。やっぱりかまってちゃんな一面もあるみたいです。

一時期はツイ廃とまで呼ばれる程に面白ツイートを連発していたのですが、飽き始めたか、だんだん試合の事以外のツイートは少なくなっていきます。煽り画像も他の選手に比べると味気ない。

しかし、時折り見せるユーモアは鋭さを失っていません。

3ポイント!
ゴール!
赤いソックス!

この画像のチョイスは秀逸。

しかし優勝争いの緊張感からか、年末あたりから、面白ツイートもほとんど見かけなくなりました。

首位陥落・・・
それでも歩みを止める事はありません。面白い事言ってる場合ではないかもしれません。

いや、いつだって笑顔で行きましょう!
1アシストって、自身のミスが招いた失点を笑い飛ばしてます。

そして1周年。うーん、やっぱりここのところ投稿が少ないなあ。飽きてる?楽しみにしてるから、マメに更新してくださいよ。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。