川崎フロンターレの執念

2021-01-26

すいません。微妙に青いクラブのお話です。
Jリーグと天皇杯という2冠を達成した川崎フロンターレ。この日本の強豪が、リヴァプールのとあるレジェンドに接触を試みていたことを覚えている方も多いのではないでしょうか。
そう。マイケル・オーウェン。よりによってアイツですよ。
コロナの影響で計画は暗礁に乗り上げたかと思われていましたが、なんと進展があったようです。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


まずはおさらい。【川崎フロンターレの狂気

オリンピックのイギリス代表チームが、キャンプでフロンターレの本拠地、等々力陸上競技場を使うっつーことで、イギリス人呼んで盛り上げちゃおうって企画。
そこで白羽の矢が立ったのが、我らが残念レジェンド。
「一緒にオウエン」って…やかましいわ!
ホームゲームの始球式にも登場予定だったとか。

ご存じの通り、東京オリンピック、2020年の開催は叶わず。オーウェンの来日自体も、困難な状況となりました。
こればっかりはどうしようもありません。
企画の白紙撤回はやむなしか…

否。

川崎フロンターレ、諦めませんでした!

まず一言。

腹立つ顔してんな。

えーなになに…
新体制発表会にビデオメッセージで登場したと。

動画もありました。2:20あたりから。

川崎フロンターレは強くて魅力のあるサッカーをする
面白くて温かいクラブと聞いています

「と聞いています」

いや。

見てよ。

試合。

あなた、解説者的な仕事してたでしょーが!自分の目で見て!魅力を体感して!NO人づて!

どうやら来日については合意が取れていたようです。今夏、オリンピックが開催されるのであれば、改めて日本に来ると明言しています。
そして、流ちょうな(?)日本語で

僕と一緒にイギリスをオウエン(応援)しましょう!

言った…!

いや、言わされたというべきか。

スゲーなフロンターレ。
想定外すぎる2020年。多くのプランが大幅に狂ったことでしょう。
そんな中での2冠達成。選手や監督だけでなく、スタッフの方々の並々ならぬ努力があったことは想像に難くありません。

企画を完遂する執念。尊敬に値します。

でもさ。

これは良かったんじゃないかな。

誰か、「やっぱやめとこっか」って言う人いなかった?考える時間メッチャあったよね?一度、冷静になって、それでもやろうと思った?
無かったことに出来たよね!?「忘れてあげた方がいいのかな…」って司会の人も言ってんじゃん!!

やっちゃったよ。

今夏、オリンピックが開催されるかどうかは、かなり微妙な状況。開催されたとしても無観客かなんて話もあります。
しかしながら。
たとえ2021年に実現出来ずとも、オーウェンが日本の土を踏むその日まで、突っ走るのではないかという勢いを感じます。

川崎フロンターレさん、この際、アンバサダーとしてアイツ引き取ってもらえません?

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。