またか!フェキル狂想曲

2018-06-10

やはり、すんなりいかないのがリヴァプールなのでしょうか。
リヴァプールの補強候補として、連日メディアを賑わせていたオリンピック・リヨンのナビル・フェキル
トントン拍子に交渉が進み、あとは公式発表を待つばかりと思われていました。

しかし事態は一変。
リヨン側が交渉が終わった事を明言するという、まさかの展開に。
一体何があったというのでしょうか。

リヨンの公式発表です。

交渉が行われ、そして不調に終わった。
こういった事が正式に発表されるのは珍しい気がしますね。
BBCの報道が外れるというのも、なかなか無い。
よほど何か複雑な事情でもあったのでしょうか。

メディカルチェックの際、膝に問題が発覚し、リヴァプールが手を引いたという情報が多く出回っています。
それが本当なのであれば、致し方ないのかもしれません。
世界一激しいとも言われるプレミアリーグ。
負傷のリスクも高まる事でしょう。
大金はたいて獲得して、ほとんど稼動出来ずという事態は避けたい。
賢明な判断だったのかもしれません。

しかし一方で、これはリヴァプール側の駆け引きだ見る向きもあるようで。

メディカル後に、値下げを試みた、と。
フェキル自身はリヴァプールに来たいみたいだし、BBCも交渉は終わっていないという見解のようです。

なにやらキナ臭くなってきました。

つまり・・・

リヴァプールが膝の怪我だなんだと難癖つけて値引きしようとしたら、リヨンが怒った。
で、交渉打ち切り宣言。

ありましたねえ・・・こういう事。

ああ泥仕合・・・ファン・ダイク騒動

またやっちまったのか・・・?

本当に膝に問題があるのか、リヴァプールのやらかしなのか、真相は分かりませんが、気の毒なのはフェキル本人ですね。
ワールドカップ前の大事な時期に。

本当にそれぞれが納得いく形での決着となればいいのですが。

もしリヴァプールのやらかしだとすれば、まだまだ話は終らない事でしょう。

むしろ相手を怒らせてからが本番。
逆境に立ってこそのリヴァプール。
すんなり行くハズがないんです!

今年もまた・・・熱い夏を迎える事になるかもしれません。

土下座か?土下座なのか!?

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。