ブバチは去るのか?

2018-06-12

今年の4月にチームを離れたアシスタント・マネージャーのゼリコ・ブバチ。
離脱の詳細な理由が発表されなったため、クロップとの対立しただの、アーセナルの監督就任するだの様々な噂が飛び交いました。
しかし離脱は一時的なものと見る向きが多く、新シーズンには帰ってくるだろうと思われていました。
そうなんですがねえ、どうもまた騒がしくなってきているようです。

やはり監督業に挑戦?

Echoの報道です。

元リヴァプールのディレクターで、現在はトルコのフェネルバフチェで働いているダミアン・コモリが、ブバチを監督としてリストアップしていると。

で、他の候補としてデイヴィッド・モイーズもリストアップされていると。

はい?

コモリ・・・モイーズ・・・

なんでそんなに、よく知ってる名前ばっかり出てくるんですかね?

情報の出所はトルコの大衆紙のようです。
うーん、どこまで信じていいものか。
ちょっと話が上手すぎる気がしますね。

こういった話が出る背景には、やはりブバチの情報がはっきりしないという事があるのではないでしょうか。
離脱当時、ブバチはスタッフの職を解かれていなかったとされています。
しかし、つい先日、1月にクラブを離れたばかりのペップ・リンダースをファーストチームのコーチとして呼び戻しています。
この人物がブバチの後任だとも。

色んな人物が絡み過ぎて、状況は混沌。

もうワケ分からん。

特にモイーズ!
無駄に話をややこしくしてるだろ!

もういいよ。フェネルバチェの監督モイーズで。

まだ噂の段階だとは思いますが、この件はまた一波乱あるかもしれませんね。
ブバチが帰ってくるにしても、早くともプレシーズンになる事でしょう。
ザワザワするには十分すぎる時間があります。

またストレスが溜まる案件が増えてしまったのかもしれませんが、静かに見守りますか。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。