メイレレスに何があったのか

2019-01-14

ラウル・メイレレス。
10-11シーズンの1年間だけリヴァプールに在籍した、元ポルトガル代表。
すぐいなくなっちゃったし、当時は暗黒期真っ只中な事もあって、リヴァプール界隈では、実力の割りに、あんまり話題にならない選手ですが、今になって突如、話題の中心に躍り出てきました。

まず、そこそこ最近のメイレレスさんの姿をご覧下さい。

この時点で、まあまあ何があったんだよ!?って話ですね。
2012年から、トルコのフェネルバフチェに所属。
契約満了に伴い、2016年に退団。
昨年にはプレミア復帰の噂が流れる等、正式に引退を宣言してはいなかったようですが、35歳で無所属。
どうもピッチに戻ってくる可能性は低そうですね。
第一線を退き、色々思うことがあったのかもしれません。
忘れ去られる事を拒むかのように、突如として、おかしな方面に弾けてしまいました。

何があったのか・・・?

これは母国、ポルトガルでの事のようです。
Antonio variaçõesっていう歌手のモノマネみたいです。

このオッサンもまあまあ、怪しいけど、メイレレスのそれは、オリジナルを遥かに上回ります。

View this post on Instagram

Raul Meireles a imitar António Variações no #LipSyncPortugal ? (via SIC)

B24さん(@b24pt)がシェアした投稿 –

ほぼ顔芸。ダンスはもうちょい練習せい!

まあ、何があったのかは分からないけど、幸せそうで良かった。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。