【感想】爆発!レンジャーズ戦

2022-10-13

こんなにいっぺんに取らんでも。。。
13日にアウェイ、アイブロックス・スタジアムで行われた22-23シーズン・チャンピオンズリーグ・グループステージ第4戦、グラスゴー・レンジャーズとの試合は7-1でリヴァプールの勝利!
これまでの鬱憤を一気に晴らすかのようなゴールラッシュ。まあ、凄いけど、他の試合でもコンスタントに点取ってよ?

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

ハーヴェイ・エリオット、ファビオ・カルヴァーリョが同時先発。大胆な起用にも思えますが、これくらいやらないと過密日程乗り切れませんもんね。

前半

ま た か。

ここ最近のお約束。早い時間の失点。

0-1。

ふう。やれやれ。
この時はまさかあんなことになるんて思いもしなかったよね。

時間はたっぷりあるからがんばろうな!

あ。なんかスルっと入ったわ。

コスタス・ツィミカスのCKからロベルト・フィルミーノ。

こりゃあ油断してたな。

1-1。

ツィミカスの首がだいぶ心配なことになってますが、恐らくはノリがいいだけです。

追いついたけど、また離されそう。
またお約束なのか。
かなり危険なシーンがありまたしがイブラヒム・コナテのブロックに救われました。

1-1で前半終了。

うーん。ぐずぐず。大丈夫かな。
この時はまさかあんなことになるなんて。

後半

ちょっと持ち直したかな。前半よりは戦えてます。

追加点は意外な選手から。
ジョー・ゴメス。
低い弾道のクロスがフィルミーノに届き一丁上がり。

2-1。

フィルミーノ外しませんね~。

さらにフィルミーノ。
カルヴァーリョからのパスを絶好の位置で受けて…

ダルウィン・ヌニェスにオシャレパス。

ヌニェス、落ち着いて決めました。

3-1。

祝福するフィルミーノの歯がまぶしい。自分でも打てた位置ですよね。決まればハットトリック。
しかし、新加入のストライカーに結果を出させることを選びました。これぞフィルミーノ。

勝利は固いかなーと思われたところで、モハメド・サラー、チアゴ・アルカンタラ、アンドリュー・ロバートソンを一気に投入。
少し遅れてディオゴ・ジョタも。

で。

6-1。

なんかサラーが3点取りました。
6分12秒でのハットトリック達成はCL史上最速ですと。

どのゴールのやつか分かんないけど、会心のガッツポーズ。表情もいい時のサラーが戻って来てる気がします。

ジョタはシレっと3アシスト。

レンジャーズは完全に戦意喪失。ファンは続々とスタジアムを後にしていきます。

そんな中での極めつけ。
GKがクリアしたボールをエリオットが押し込み…

歓喜。いや、ぬか喜びでした。オフサイドの判定。
苦笑するエリオットでしたが…

オフくなくない?

VAR発動。

お願い!認めて!

なにこのドキドキワクワク感。
恐らくはVAR史上初。

判定はゴール!

やったー!CL初ゴールおめでとう!

7-1で試合終了。

まあ、相変わらず不安定なシーンもありましたがね。
攻撃陣の復調。ロボの復帰。コナテ、ゴメスの奮闘。
ポジティブな要素もたくさんあったのではないでしょうか。
さーて次はシティ戦。
この勢いを活かせるか!?

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。