【感想】勝利はどっちだ!?クリスタル・パレス戦

2022-08-16

おっかしいな~。開幕したんだけどな~
16日にホーム、アンフィールドで行われた22-23プレミアリーグ第2節、クリスタル・パレスの一戦は2-2で引き分け。
ホームでもこれかーい!どうしたもんかねえ。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

あ、あれ?なんかおかしくね?
もとより怪我人が多い中、さらにいないヤツ増えてない?
ロベルト・フィルミーノもなんか問題あったみたいです。
ジョーダン・ヘンダーソン、ジョー・ゴメスも軽度の負傷でベンチスタート。

前半

おお!いきなりの猛爆!
ゴールの匂いがプンプン。
防戦一方のクリスタル・パレス。
これはいつぞやの7-0級の爆勝もあり得るか?

多くの主力を欠く影響をまったく感じさせません。

ダルウィン・ヌニェス、ハーヴェイ・エリオット。
新たな時代が訪れようとしているのか!?
若いもんにはまだまだ負けん!と言わんばかりにジェームズ・ミルナーも気を吐いています。

でも…

なんか入んねえんだよなあ。

で、クリスタル・パレスのカウンター一閃。

0-1。

たくさんのチャンスを決めきれずー。相手の少ないチャンスをきっちりものにされー。
俺たちのリヴァプールは今季も健在でございます!

エリオットが浮かせたボールにヌニェスが反応。脱け出してボレー。
この動きはまさにストライカー!
しかし、ポスト!

惜しい。続けていれば必ず入る。

0-1で前半終了。

後半

まだまだ逆転できる。攻め続けるんだ!

ルイス・ディアスのオーバーヘッドは力なく枠にも飛ばず。
ちと無謀だったか…

そして笛。
あー近くに誰かいた?足上げ過ぎて危険だった?

ん?いや…

なんかヌニェスが赤食らってる…

相手ド突いちゃったみたい。。。

これはいけませんねえ。若さがよくない方向に出てしまったか…

1点を追う状況での数的不利。さすがのKOPたちも意気消沈気味。

しかし、それを一気に振り払う鮮烈弾が炸裂。

ドリブルで相手を引き付けるディアス。1人、2人、3人、4人、5人…

そのまま振りぬいた!
エリア外からの強烈なシュートは誰に当たることもなく、そのままゴールへ。

1-1。

嫌なムードを一気に払拭しました!

直後にジョーダン・ヘンダーソン、ジョー・ゴメス、コスタス・ツィミカスの3枚替えを敢行。
本調子ではない選手も投入するスクランブル体制です。

勢いづくアンフィールド。1人少ないとは思えない猛攻。

終盤にはファビオ・カルヴァーリョも投入。惜しいシーンもありましたが、ゴールは奪えず。

1-1で試合終了。

しんどいですね~。開幕からこんなことになるとは思いもよりませんでしたよ。
まあ、ずっとこの調子ということはさすがにないでしょう。
なんとかこの怪我人続出の状況を乗り切り、逆転攻勢といってもらいましょう。
ヌニェスは猛省な!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。