【感想】なんとか…ウエストハム戦

2022-10-20

勝ち切りました。
20日にホーム、アンフィールドで行われた22-23プレミアリーグ第12節、ウエストハム・ユナイテッドとの一戦は1-0でリヴァプールの勝利!
王者を下した直後。やらかし臭がプンプンする試合でしたが、ギリギリで3ポイントゲット!

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

ケガ人続出でまあそうなりますよねってメンバー。
ベンチにはアレックス・オックスレイド=チェンバレンが帰ってきていますね。

前半

割と押してるかなー。
チアゴ・アルカンタラからの長いボールをダルウィン・ヌニェス!
バウンドしたボールをそのまま蹴りこみおった。
枠いってんじゃん。GKが腕一本ではじきました。
あのタイミングで打つとは。ロマン。

もいっちょチアゴ。コスタス・ツィミカスへ。
からの。

クロスに飛び込んだのはヌニェス。
ヘッドでうまいこと叩きつけた!

1-0。

この突然点を取る感じ。ストライカーですね~。

さらにヌニェス。胸トラップで落としてバウンドしたボール。これ巧いな。
左足を振りぬいたシュートはポスト直撃。
跳ね返ってきたボールを再度狙うも…コロコロコロっとゴールラインの外へ。
ここはパスも出せたな~。
まあいいや。この点とることしか考えてない感じ。リヴァプールには久しくいなかったんじゃないでしょうか。
ロマン。同時にネタキャラ感。いいよいいよ!

前半終了間際。自陣エリア内の空中戦。ジョー・ゴメスと競り合った相手選手が倒れ、これがファールの判定。
すっごい嫌な時間にPKを与えてしまいました。

しかし。

アリソーン!

ATの同点、ないし逆転被弾というリヴァプールあるあるを回避しました。

1-0で前半終了。

後半

修正してきたかウエストハム。押され気味です。

3枚替えでハーヴェイ・エリオット、ファビーニョ、カーティス・ジョーンズを投入。ジョーンズは復帰戦ですね。
でも、フレッシュなメンバーが入ってもあんまり改善しないなあ。
CKとかでチャンスあるけど、こじ開けられず。

1点差のまま残りは約10分。締めのジェームズ・ミルナーとアンドリュー・ロバートソン。

ミルナー!!!

絶体絶命のピンチを防ぎました。
崩れ落ちる敵将デイヴィッド・モイーズ。

最後までヒヤヒヤさせられたけど、なんとか逃げ切り。

1-0で試合終了。

もう少し楽に勝てればいいんですけどね。
まあ、2試合連続のクリーンシートをポジティブにとらえましょう。
けが人続出の中の過密日程。しばらくはこんな感じが続きそうですが、何とか切り抜けてくれ。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。