夢をありがとう。南野拓実。

2022-06-29

あぁ決まってしまいましたね…。南野拓実、リヴァプールを退団。フランス、リーグ・アンのASモナコへの移籍が発表されました。
2年半。本当にいい夢を見せてもらいましたね。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


我々にとって、それはそれは特別な存在。リヴァプールの長い歴史の中で、初めての日本人選手。

2019年12月19日、入団が発表されました。
確報が出るまでのワクワク感。その後の期待。
楽しい時間を過ごしましたね。

ただ、ベンチにすら入れない試合も多く、もどかしい気持ちもかなりありました。
なので、この移籍は仕方ないことなのかなという思いもあります。

21-22シーズン、カラバオカップとFAカップのチーム得点王。
二冠達成に大きく貢献しました。
彼を評価する声は、さまざまなところから聞かれます。

ただ…

起用法を見る限りでは、主力選手との間には埋めがたい差があることも明らかでしょう。
出番がなくても腐らず努力し続け、わずかな出場機会で結果を出す。
チームとしては非常にありがたい選手。
でも、都合のよい選手でもあるんですよね。
本人としては満足はできないでしょう。

拍手で送りだすしかありませんね。

絶対的な存在と呼ぶには、いま一つ足りなかった。
でも、確かな功績を残しましたね。

クラブも世界中のファンも分かってます。
間違いなくリヴァプールの栄光の歴史の一部。

本人にとっても、とても意味のある時間だったのではないでしょうか。
そして後に続く選手たちにとっても。
以前、何かのインタビューで言っていました。
この先、アジア、そして日本の選手が活躍できるようなベースを作りたいと。

彼自身は間違いなく好印象のハズ。それから、ちょっとヤラシイ話をすると、スポンサーとかピッチ外でも色々と影響がありました。
間違いなくLFCと日本を近づけたと思います。
近い将来、またアンフィールドで日本人がプレーする日が来るのを楽しみに待ちましょう。

本当に夢をありがとう。

さて、モナコと言えばフランスの強豪。
21-22シーズンはリーグ3位でCLの予選に出場するみたいです。
本戦出場のキーマンとして期待されているのではないでしょうか。

歓迎されていますね。

リーグ・アンのウーバー・イーツ?
なんかよく分からんけど注目されてます。

フランスではスタメンの座を勝ち取って思う存分暴れてください。
そして、CL本戦に出場し、アンフィールドで再会なんてことも。
そこでの活躍が首脳陣の目にとまり、2度目のリヴァプール移籍…いや、それはないか。
あんまり使わなかったことを後悔させるくらいの活躍を期待したいですね。
…ただし、リヴァプールが敗退しない範囲で…
もし本当に対戦となったら、未だかつてない程に複雑な心境で試合を観ることになるかもしれません。
実現してほしいような、してほしくないような…

とにかく頑張れ!
ありがとう、俺たちの18番。南野拓実。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。