【展望】開幕!リーズ戦戦

2020-09-12

さあ、待ちに待った開幕です!
日本時間、9月13日、1時30分。20-21シーズン・プレミアリーグ第1節、リーズ・ユナイテッドとの一戦がホーム、アンフィールドにてキックオフとなります。
世の中まだまだグッチャグチャだし、無観客も継続だけど、チャンピオンとして迎える新シーズンを存分に楽しみましょう。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。

チャンピオン

そうなんですよ。チャンピオンなんですよ。

この新ユニフォームの腕に、金ピカのパッチがつくんですよ。
そして舞台は聖地アンフィールド。まさに王者凱旋。
サポーターがいないのは寂しいけれど、ホームで王者の威厳を見せつけてほしいですね。

リーズって?

長い間、2部にいましたが、リーグ制覇の経験もある名門。
かつてリヴァプールにもいた、ハリー・キューエルの古巣としても知られていますね。
そして、今のチームにもリーズOBがいます。

ジェームズ・ミルナー。
生まれもリーズで、アカデミーで頭角を現し、2002年、16歳でデビュー。プレミアリーグ最年少ゴール記録を塗り替えたりもしています。
2014年にリーズが降格すると、財政とか大人の事情もあり、やむにやまれず移籍。
それ以来の再会となります。
感慨深いものがあるでしょうね。キャプテンのコンディションがまだ不安なこともあり、副キャプテンであるミルナーにかかる期待は大きい…

ボスからも何かお言葉をいただいておりますが、この顔…
またLBやってねととか言われたかなあ。

変人

古豪復活なるか。リーズは、今季のプレミアの最もホットなトピックスの一つであると言っても過言ではない程に注目されています。
かつての名門。フットボールの母国において、その威厳は本物のようです。
そして、リーズには注目される理由がもう一つ。

監督マルセロ・ビエルサ。

変人とあだ名されるほどの、サッカーバカです。
戦術マニアとして知られているようですが、その辺のことは俺には分からん。
ビジュアル的な切り口で、変人っぷりを紹介できないかと探してみたら、結構ガチでした。

いかにも偏屈そうな顔つき。にしても、その体勢疲れない?

やっぱりこの体勢。コーチまで合わせる羽目に。なんか色々見えてくる視線の高さなんですかね。

やっぱり疲れる時は疲れる。でも、視線の高さはキープしたいっぽいです。

鋭い眼光。やや前のめり。しかし、お決まりの体勢はキープ。落ち着くんですかね。

その体勢で気張ったら実が出ちゃう!実が!

ビエルサさんの画像を検索すると、とにかくウ〇チ座りの写真だらけ。
試合中、どんだけの時間ウ〇チ座りしてるのか、注目してみたいと思います。
あ。アンフィールドで漏らさないでね。

がんばれ南野拓実!

彼にとって、まさに勝負のシーズンと言えるでしょう。
全然関係ないけど、なんか流れてきたから貼っとくわ。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。