【展望】首位決戦!トッテナム戦

2020-12-16

激動の2020年ものこりあとわずかというところで、今季最大といっても過言ではないビッグマッチがやってまいりました!
日本時間、12月17日、5時00分。20-21シーズン・プレミアリーグ第13節、トッテナム・ホットスパーとの一戦がホーム、アンフィールドにてキックオフとなります。
現在2位のリヴァプール。首位スパーズを叩き、本来の立ち位置に戻ることができるでしょうか。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。

混迷のプレミアリーグ

多くのライバルクラブが勝ち点を落とした第12節。
首位に躍り出るチャンスでしたが、リヴァプールも昇格組フラム相手に大苦戦。なんとか勝ち点1を手にするだけに留まりました。
そして13節。すでにチェルシー、マンチェスター・シティが試合を終えています。両方負け!
リヴァプールがこの試合に勝てば、チェルシーとは勝ち点6、シティとは勝ち点8の差をつけることができます。
そして、勝ち点差では同率の首位スパーズに3差をつけ、首位に!

ちなみに消化試合が一つ少ないマンチェスター・ユナイテッドとの現在の勝ち点差は5。意外といい位置につけてんな。あと…えっと…アーセナルは…勝ち点差12。どしたの?

レジェンドに捧ぐ試合

今節のマッチデープログラムは、先日亡くなったジェラール・ウリエが表紙を飾るようです。
キックオフ前には黙とうが行われることでしょう。
黄金期のGK、レイ・クレメンスも亡くなったばかり。
レジェンドたちに無様な試合は見せられませんね。

好調?スパーズ

まさかまさかで首位を走るスパーズですが、万全かというとそうでもなく。
前節、クリスタルパレスに引き分けるなど、隙もまあまあ見えます。
7勝4分1敗。リヴァプールを始めとする他も情けないだけで、圧倒的な強さを誇っているというワケではなさそうです。
そして、スパーズはこの後、レスター、リーグカップでストーク、ウルブス、年内最終戦でこの前メッチャ強かったフラム、年明けすぐにリーズとめんどくさそうな相手が続きます。ここで派手に叩けば、意気消沈でそのままズルズルとかあるかも!

まあ指揮を執るのはスペシャルワン、ジョゼ・モウリーニョなので簡単ではない気がしますが。
ユナイテッド時代は完全にオワコン化したかとも思われていましたが、したたかさは健在のようです。難しい塩試合になるかもしれませんね。
ディオゴ・ジョタなど切り札になる選手の不在が痛い。

今節も神に祈ることになるのでしょうか。

あ。そういえば復帰してたな。神か、あるいは大砲投入か。

鍵を握るのは…

ハリー・ケイン、ソン・フンミンという強力アタッカーを擁するスパーズ。
迎え撃つリヴァプールの守備陣は…

「俺達ってCBだっけ?」

本職どこいった!?

前節、前半だけで交代したジョエル・マティプは間に合うかも?くらいの感じらしいですね。
うわ~完全に「行けたら行くわ~」ってヤツじゃん。信頼度ひっくwww
普通だったら「まあ無理しなさんな」ってとこですが、この試合に関してはねえ。

マティプ、お願いだから間に合って!この試合頑張ったら年内お休みとかでいいから!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。