その正体は謎のまま…アウォ二ィ退団

2021-07-22

決まる時は立て続けに決まるものです。マルコ・グルイッチに続き、お別れのお知らせ。
リヴァプールに所属しながらも、ずっとローンで国外のクラブを転々としてきたタイウォ・アウォ二ィ。今回は正式な退団です。ブンデスリーガのFCウニオン・ベルリンへ完全移籍が決まりました。グッドラック。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


獲ってみたはいいものの、イギリスでの労働許可がおりず、6年間に及ぶローン暮らし。やっと労働許可がおりたと思ったら完全移籍って、そりゃあないぜって気分にもなりそうなものです。

しかし、たくさんの学びを得たとクラブに感謝を表明。まあ、漂泊の中、学ぶことは確かに多かっただろうし、クラブもサポートはしていたのでしょう。
でも、ウニオン・ベルリンに対して家族の一員であることを嬉しく思うって。

ですよね。今後は落ち着いた環境で成長していってもらいたい。

この屈強な体格。リヴァプールで見てみたかった気もしますが、こういう巨漢ストライカーが活躍できないチームですからね、リヴァプールは…。
ウニオン・ベルリンは昨季ローンで行っていたクラブ。5ゴール4アシストとまずまずの成績を残しています。そして望まれての完全移籍ですから、居場所が保証されているのでしょう。
本当の意味でホームを得た…良かったなあ。

ちなみにウニオン・ベルリンは、リヴァプールに負けず劣らず頭おかしいマスコットがいるクラブ。

リッター・コイレっていうらしいです。対戦してみたい。昨季は7位ですと。もーちょい頑張ればCLいける!
高みで会おう。君が何者なのか示してくれ!リッター・コイレ君!そして、アウォ二ィ!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。