再開!クリスタル・パレス戦

2018-03-31

代表ウィークが終わり、週末にプレミアリーグが帰ってきます。
日本時間、本日20時30分、プレミアリーグ第32節、クリスタル・パレスとの一戦がアウェイ、セルハースト・パークにてキックオフとなります。
休み明け、残留争い中のクラブが相手とコケる要素が多い試合。気を引き締めすんなり勝ってもらいたいですね。

ここに来て難しくなってきたやり繰り

来週半ばにはチャンピオンズリーグで、強敵マンチェスター・シティと対戦するリヴァプール。
そして週末はマージーサイドダービー。
その次の集にはCLのシティ戦、セカンド・レグと僅かな期間に重要な試合が続きます。
ザ・過密日程。
しかもエムレ・ジャン、ジョー・ゴメスに負傷の情報あり。
なかなか難しい状況に直面しているようです。

クリスタル・パレスも油断ならない相手、というよりクリスタル・パレスこそが油断ならない相手ですが、ここはメンバーを入れ替えても、きっちりと勝ちきりたいところですね。

ここのところ出番が少ないアルベルト・モレノ。
代表にも参加していないので、かなりフレッシュな状態のハズ。
CLは前回のシティ戦で素晴らしいパフォーマンスを見せた、アンドリュー・ロバートソンが起用される事でしょう。
この試合がアピールのしどころか。

ジェームズ・ミルナーは間違いなく出番があると思いますが、起用法はどうなるでしょう。
ジャン不在でもミルナーがいれば、中盤はなんとかなるか・・・

いや、しかし右サイドバックは・・・?

現状ではトレント・アレクサンダー=アーノルド、ただ一人。過密日程。これはピンチ。
となると出来そうなのは・・・

ミルナー先生!お願いします!

今シーズンはモレノがボロボロだったりと、余程の事がない限り、サイドバックをやっていないミルナー先生。
今はその余程の事かもしれません。
もしもの時は何卒、よろしくお願いいたします。

あるいは今シーズン、一度試している3バックもありか?

ジョルジニオ・ワイナルドゥムもどう起用されるか、要注目ですね。

しかし、このピンチ、一気に解決してくれかもしれないのが、復帰間近とされているナサニエル・クライン。

試合勘を取り戻すまでは、重要な試合での起用は出来ないかもしれませんが、この状況下でクラインに計算が立つのであれば、これほど心強い事はありません。
ミルナーサイドバック案や3バック案も不要。
やり繰りがかなり楽になるのではないでしょうか。

短い出場時間ながらも、印象的なパフォーマンスを見せているダニー・イングスもこの過密日程をチャンスと捉えて頑張ってもらいたいですね。

再会

現在16位、降格圏まで勝ち点差2と、残留争い真っ只中のクリスタル・パレス。
率いるのはご存知、ロイ・ホジソン。

かつてはリヴァプールで指揮を執った、イングランド人の老将はこちらの手の内を知り尽くし・・・てはいないか。
あの置物のようにベンチで動かない姿を、敵として見るというのはなんだか不思議な感じもします。
選手達はもちろん油断していないと思いますが、あの顔を見たら、なんだか気の毒になっちゃって手加減なんて事は・・・
メッチャいい人らしいので、イングランド代表で共闘した選手達はちょっと心配です。

クリスタル・パレスで要警戒の選手といえば、クリスティアン・ベンテケ。
味方の時はイマイチでしたが、敵としては何度も痛い目に遭わされていますね。

一度乗せると手が付けられないベンテケ。しかし今シーズンは未だ2ゴールと、終始低空飛行。
どうした、スランプか?
ちょっと気の毒。手加減・・・

いやいや、ベンテケはホントに油断しちゃダメ!ホジソンの500倍くらい油断しちゃダメ!
ハマったら、これほど怖い存在いません。復調のきっかけを与えないようにしたいですね。
でもベンテケってこういう時に限って覚醒しそうなんだよなあ。。。

それから、ママドゥ・サコー。
先日、子供が生まれました。

3人目。色々と入用ですからねえ。降格は・・・
いやいや、同情とかそういうのは一切無し!
勝負に徹してキッチリ勝ち点3を持ち帰ってもらいましょう!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。