普通に勝った!ハダーズフィールド戦

2018-01-31

良かった良かった。
早朝に行われたプレミアリーグ第25節、ハダーズフィールドとの一戦は3-0でリヴァプールの勝利!
下位クラブ相手に順当に勝ち点3を手にしました。一般論で言えば、至って普通の結果ではありますが、リヴァプールにとってはこの普通というのが、いかに難しいか。本当に良かった。

安定の前半

きっちり引いてくるハダーズフィールド。
やっぱりそう来たか。嫌な予感がしますね。支配率では圧倒的にリヴァプールが上回りますが、なかなかシュートまでは持っていけず。
一方のハダーズフィールドは攻撃に対する意識が希薄。とにかく守って、あわよくば1点というプランでしょうか。

そのあわよくばのチャンスが、意外にも早く訪れてしまったか。
ちょっとした守備の綻びを突かれ、ピンチに。強烈なシュートが枠内へ。ゴールキーパーはシュートにまったく反応出来ず棒立ちなんて事もしばしばある、ロリス・カリウス。

しかし・・・

カリウスが弾いたー!!

やれば出来る子!なにこのク○ラが立った的な感動。

今度はこっちの番。エムレ・ジャンの強烈なミドル!

1-0。

相手選手に当たって軌道が変わるというラッキーもありましたが、素晴らしいシュートでした。

その後は危なげなく試合が推移。FAカップではやらかしてしまったジョエル・マティプ、批判されてばかりのデヤン・ロヴレンのセンターバックコンビ、安定していたのではのでしょうか。
ジャンジョーダン・ヘンダーソン、ジェームズ・ミルナーの中盤も効いてます。

ところが、前半、残り5分を切ろうかという頃、嫌な位置でフリーキックを与えてしまいます。

前半終了間際・・・セットプレー・・・黄金の失点パターンですね。
怖い怖い・・・

焦らし戦法なのか、なかなか蹴ろうとしないキッカー。ああ、胃がキリキリする。
何なんだ、この緊張感。これはCLの決勝かなんかか?

いや、リーグ戦のただの一試合。格下相手のアウェイ。
ああ、そうか・・・一番勝てそうに無いヤツか。

ヤメテ!そしてはよ蹴れ!

結構いいコースに飛びましたが、枠外で事なきを得ます。
もう多くは望むまい。何事もなく前半を終えてくれ・・・

と思っていたら、アディショナルタイム。
ロベルト・フィルミーノが角度の無いところからGKとポストの間を通す技ありゴール。

2-0。

喜ぶ親子。

アンドリュー・ロバートソン。大人しいヤツかと思っていましたが、ゴール後には人懐っこくじゃれつく姿をよく目にしますね。

最高の時間帯に追加点を手にしました。
2-0で前半終了。

そして安定の後半

サディオ・マネの抜け出しからのヘッド、ミルナーのミドル、モハメド・サラーのぶっちぎりなどチャンスは作りますが、ゴールは奪えず。
しかし終始主導権を握り、安定した試合運びです。

残り10分になろうかという頃。
ペナルティエリア内でジャンが倒されPK獲得。

最近、PK失敗しがちのリヴァプールですが、今回はPK職人のミルナーがいます。安心だ・・・と思ったらキッカーはサラー。
サラーは得点王争いがあるし、ミルナーが譲った形でしょうか。
大丈夫か・・・ま、まあ2点差あるし・・・いや、2点差死ぬほどこえーよ!しかもFAカップでPK外して酷い目にあってんじゃん。

心配。

あ。普通に入った。
まあね、普通にやりゃ入るんですよ。良かった~。

3‐0。

真っ先に駆け寄り祝福するミルナー。さすがの懐の深さです。

その後は交替のカードを切りながら、上手く時間を使い、完勝と言うべき3-0で試合終了。

こんな勝ち方出来たんかい!?

いやー連敗したときはどうなる事かと思いましたが、しっかり立て直せましたね。

ふう、良かった良かった。

やったーやったー。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。