【展望】久々に快勝したいワトフォード戦

2020-02-29

またしても嫌な時間帯のキックオフです。
日本時間、3月1日、2時30分、19-20シーズン・プレミアリーグ第28節、ワトフォードとの一戦がアウェイ、ヴィカレージ・ロードにてキックオフとなります。
2時30分って一番辛いですよね。かなり眠くなりそうなので、スカッと目の覚めるような鮮やかなゴールを期待したいものです。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。

また降格圏

ワトフォードは現在19位。
前節ウエストハム戦、前々節ノリッジ戦に続き、降格圏のクラブとの対戦です。ウエストハム戦も、ノリッジ戦も結構苦戦しましたね。
後半戦はヘタな中位より、降格の危険があるクラブの方が恐ろしいというのは周知の事実。
残り11試合。まだ残留争いが本格化するにはちょっと早いけど、アチラさんは既に結構必死になってるかもしれません。アウェイだし、相手のペースに持ち込ませないようにしたいですね。

ウエストハム、ノリッジは「お前ら、なんで降格圏にいるんだ?」って言いたくなるような見事な戦い振りでしたが、ワトフォードはどうか。
前節はマンチェスター・ユナイテッドに0-3でボコられてます。退場者を出してるエヴァートンにも負け、FAカップではリヴァプールと同じマージーサイドに本拠地を置き、プレシーズンマッチでお世話になってる3部トレンメア・ローヴァーズにも負けてます。

あ。こいつらには絶対勝たなきゃダメだ。辛勝じゃダメ。絶対快勝!

うるう年

日本では日付が変わっていますが、現地時間では2月29日にキックオフ。
この日に試合が行われるのは、2004年以来だそうです。

マイティ・レッド君が教えてくれました。ほんとかどうか分からないけど、リプ欄によるとその時の相手はリーズ。あらあら、随分と懐かしい相手ですこと。
この試合も後年、このようにして思い出されることがあるのかもしれません。絶対こっ恥ずかしい試合しちゃダメ!

不安要素

キャプテンのジョーダン・ヘンダーソン、副キャプテンのジェームズ・ミルナーの欠場が確定しているようです。
前節のバタバタ、図らずも二人の重要性を知らしめてくれましたね。気を引き締めてくれる存在というのは大事なのでしょう。
とはいえ、リヴァプールには、ビルヒル・ファン・ダイクを始め、キャプテンシーがある選手が他にも大勢います。
前節は試合直前にミルナーの欠場が決まり、ちょっと動揺があったかもしれません。
今節はきっと万全の心構えで臨むことでしょう。そして、そろそろ休みボケが終わる頃。
大丈夫。絶対快勝!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。