【感想】やっぱりこうなるナポリ戦

2019-09-18

EEsWldMXUAMXrEN

なんかそんな気がしてたんですよね~。
18日、アウェイ、サン・パオロで行われた19-20シーズン・チャンピオンズリーグ・グループステージ第1戦、ナポリとの一戦は0-2で敗戦…
やっぱりすんなり行かないのが、僕らのリヴァプール。チャンピオンになっても平常運転です!

前半

開始から程なくして、ヒヤリとするシーンが。強烈なミドルシュートを被弾。アドリアン、素晴らしい反応で弾いた!と思ったら、もう一発。あんなん2発連続で打てるもんかね。また弾いた!
こぼれ球を押し込まれましたが、これはオフサイド。
アドリアン、素晴らしい。

リヴァプールはジョーダン・ヘンダーソンやファビーニョが効果的にボールを奪うも、なかなか決定機には持ち込めず。
ヘンドのパスにサディオ・マネが抜け出して放ったシュートも、威力は十分でしたがGK正面

モハメド・サラーのCK。近寄ってきたジェームズ・ミルナーへのショートコーナーを選択。これが意表を突いたかクロスを受けたロベルト・フィルミーノはフリーでしたが、シュートはわずかに枠の外。

両チーム共にかなりアグレッシブに行ってたけど、均衡は破れず。

0-0で前半終了。

後半

後半開始早々、またしてもピンチ。ビルヒル・ファン・ダイクの頭上を越す、フワッとしたクロスをジャンピングボレーで合わせられ・・・

EEsWG0gW4AAhqmO

おお、凄い!止めました。
アドリアン、アリソンの不在を忘れさせる活躍です。

ナポリ、リヴァプールの鬼走りにつき合わされて、後半バテるだろと思ってたけど、結構元気に攻めてきますねね。
トレント・アレクサンダー=アーノルドが守備頑張ってます。

ナポリのCKから、伝家の宝刀、マネ&サラーのカウンター。相手の好守に阻まれ、マネのサラーへのパスが微妙にズレました。

アドリアンが前線に大きく蹴りだしたボールが、相手のミスを誘い、ボールを掻っ攫ったサラー。仕留めたかと思いましたが、相手GKのビッグセーブに阻まれました。

EEsY5r_X4AEszN5

ナポリしぶとい。

EEsOvBWXYAIfdJD

あとカリドゥ・クリバリめっちゃ怖い。怪我させんなよ!

リヴァプール、若干苛立ち始めたか、ミルナー、アンドリュー・ロバートソンと立て続けにイエローカード。
審判がちと厳しい気も・・・

EEsYzjQWwAIEv-v

珍しく不満げなミルナー。まあ、アウェイですからね~。しょうがないかもしれません。(後ほど酷い目に遭いますが!)

次々と交替のカードを切るナポリ。点を取りにいくのと、あと多分疲れてきたのもある!チャンスだ!と思っていた矢先・・・

ナポリの選手とロボが自陣エリア内で接触…してないよなあ。でも、ナポリの選手倒れました。これがPKの判定。う~む。
アドリアン、ボールに触りはしましたが、止められず。

0-1。

怪しい判定でしたが、これがCLのアウェイか。

リヴァプールはジェルダン・シャキリを投入。なりふり構わず点を取りにいきます。頑張れシャキリ、ヒーローになって来い!と思いきや、ファン・ダイクの不用意なパスが切っ掛けで、ダメ押し点献上。
いやー、珍しいこともあるものです。

0-2。

時計はすでに90分を回り、残りはATの数分のみ。折れてしまったか、最後は結構グダグダでした。

0-2で試合終了。

やっぱりそうでしたね。そういう風に出来てるんですよ。

リヴァプールは絶対に余裕の1位通過とかしない。

さあ、ここからが本番です。面白くなってまいりました!
でも、最後のグダグダは反省な。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。