【展望】再開のドルトムント戦

2018-07-22

新たな段階に入りました。
日本時間、明日早朝5時5分、プレシーズンマッチ第5戦、ドルトムントとの試合がバンク・オブ・アメリカ・スタジアムにてキックオフとなります。
アメリカツアーが始まり、ここからは強豪との対戦が続きます。開幕に向け、一段階ギアを上げてくる事でしょう。内容の濃い試合を期待したいですね。

アメリカにて

アメリカへと渡る一行。

サディオ・マネ、モハメド・サラー、マルコ・グルイッチはここからの合流となります。
いきなりの出場はあるのでしょうか。
マネ、サラーは開幕にピークを持ってこれれば問題ないけれど、グルイッチは出来る限り、プレシーズンでアピールをしておきたいですね。

好調をキープしているダニエル・スタリッジ。

到着初日に自動車工場を訪問したようですが・・・

そんなんで怪我したらどうすんだ!?

とにかく負傷のリスクがある事には一切関わらないでくれ!

ヨン・アルネ・リーセ、イアン・ラッシュ、ロビー・ファウラー、サミ・ヒーピア。
レジェンド達も帯同しています。

水をかぶるアルベルト・モレノ。
かなり暑いようです。コンディション管理には気をつけたいですね。
モレノは後先考えず突っ走りそうだからなー。

練習を見にきたアメリカのKOP達。試合ではもっと多くの人が訪れる事でしょう。下手な試合はできませんね。

縁深いドルトムント

ドルトムントといえば、ヨーロッパリーグでの対戦が未だ記憶に新しいですね。
プレシーズンマッチとはいえ、あちらにはリベンジという気持ちがある事でしょう。
熱い試合になるかもしれませんね。
ユルゲン・クロップ監督の古巣でもあり、まだチームに残っている愛弟子もいるし、熱さと同時に友好的な雰囲気も作られるのではないでしょうか。

そういえば今夏、香川真司にはちょっとリヴァプール入りの噂がありましたね。冷静に考えると無いと思いますが、試合後にハグとかしようものなら、またメディアがザワザワするかもしれません。
そういった雑音もこの際、楽しみましょう。

それからもう一人。
こちらは本気で狙ってるっぽいクリスチャン・プリシッチ、19歳。
ずっと断られ続けてるみたいですが、諦める気がないみたいですね。

このオッサンは一度、目をつけると本当にしつこい。
ずーっとニコニコしながら、見つめ続けてるかもしれません。
そして試合後にもドサクサに紛れて。直接交渉なんて事もやっちゃうかもしれませんね~。
ハグする時、耳元で囁くとか?
クロップとドルトムントの選手達の交流にも注目です。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。