【展望】ここが本番!チェルシー戦

2018-09-29

本当に大事なのは、この試合です。
日本時間、明日1時30分、18-19シーズン、プレミアリーグ第7節、チェルシーとの一戦がアウェイ、スタンフォード・ブリッジにてキックオフとなります。
カップ戦も獲りたかったけど、もっと獲りたいのはプレミア!負けられません!

首位決戦

開幕から6連勝、勝点18で首位に立つリヴァプール。
チェルシーも前節で引き分けたものの、勝点16。
この試合の結果次第では順位が入れ替わってしまいます。
マンチェスター・シティも勝点16。一度は不覚を取ったものの、やはり今シーズンの優勝候補筆頭に推す声は大きいですね。
リヴァプールが引き分け、シティが勝つと得失点差の関係で首位を明け渡す事になります。

そして来週はシティ戦。優位を保ったまま、ぶつかりたいですね。
この2週連続のビッグマッチ、間に入るCLのアウェイ、ナポリ戦も含め今シーズン最初の山場を迎えようとしているようです。
シックスポインター2つ。これが意味するものは途轍もなく大きい。
アウェイでもしたたかに勝つ、真の強者の戦いを見せてもらいたいですね。

カップ戦、負けはしましたが、試合勘の無い選手が多く、連携も未成熟な状態でも、リヴァプールが押し込む場面が多く見られましたね。
本気モードのこの試合、当然あちらも本気なので簡単ではないと思いますが、リヴァプールが圧倒する可能性も少なからずある事でしょう。

ガチメン

当然、この試合は現時点でのベストメンバーを選んでくるでしょう。

カップ戦は完全休養のジョルジニオ・ワイナルドゥムにかかる期待は大きいですね。
チェルシーにはパスマスターだかなんだかがいるみたいだけど、リヴァプール相手にちょこまかとパスを繋ぐのは命取りだって事を教えてやってください。

最後にちょっとだけ出たモハメド・サラー。ほぼフレッシュな状態でいる事でしょう。
昨シーズンに比べるとなんて言われてるけど、今シーズンも徐々に状態が上がってきているのではないでしょうか。

不敵な表情のロベルト・フィルミーノ。
彼もカップ戦は出場時間少なめでした。目もすっかり癒えたようだし、全開で行ってくれるでしょう。
サラー、フィルミーノに比べると出場時間長めだった、サディオ・マネも恐らくスタメンで出てくる事でしょう。

一年目にも関わらず、好スタートをきったサッリ・チェルシーですが、もしかしたらカウンターのカモかもしれませんね。

アダム・ララーナも戻ってきました。スタメンは無いと思いますが、後半、勝利のためにはゴールが必要。そんな局面になったら是非とも見たいですね。

DFはビルヒル・ファン・ダイクの出場の可否がまだ結論が出ていないようです。

本人はヤル気みたいですが、無理はしてほしくありませんからね。スタッフの判断を待つ必要がありそうです。

ファン・ダイクが出れないとなると、ジョー・ゴメスへの期待が高まりますね。

ジョエル・マティプ、デヤン・ロヴレンもこのまま控えに甘んじ続ける気は無いでしょう。今日は大丈夫だとしても、ファン・ダイクがいない試合は必ずあります。
この二人にも頑張ってもらわなければいけませんね。
それにしてもロヴレン、髪の毛変な伸び方してるな。

後ろの方が、ちょっと不安ではありますが、勝って首位キープ!そして次も勝って独走態勢へ!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。