【感想】塩!ザルツブルク戦

2022-07-28

いやーもう。しんどい時間帯にしょーもないもの見せられましたわ。
28日にアウェイ、レッドブル・アレーナで行われた21-22プレシーズンマッチ第4戦、vsRBザルツブルクは0-1で敗戦…
しょっぱい試合でしたね~

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

完全主力ではないけど、まあまあのメンバー。彼らの押し上げがシーズンの出来を左右するでしょう。頑張ってもらわねば。

前半

うーん。悪くはないけど…
なかなか押し切れませんね。

ダルウィン・ヌニェスに何度もチャンスが訪れるけれど、強固なブロックに阻まれゴールならず。

いい動きしてる選手はいっぱいいるんだよなあ。
17歳のMF、ステファン・バイチェティッチいいですね。
ファビオ・カルヴァーリョにも可能性を感じます。

でも、入らない。なんかシーズン中のよくみた展開だな。

そしてポロっと失点。

0-1。

何このリヴァプールあるある。

0-1で試合終了。

後半

後半頭からロベルト・フィルミーノ、アンドリュー・ロバートソン、タイラー・モートン投入。
これでリズムが変わるか?

さらに60分からは他の主力もごっそり登場。
はいはい。兄さん方頼みますよ。
チャチャッと逆転しちゃってください。
やっぱ違いますね~。

でも…

入らんのかーい!

ゴールの匂いがしない。課題がそのまんまになってるこの感じよ。

終盤にはルイス・ディアスがエリア内で倒されるシーンがありましたがPK獲得ならず。
ユルゲン・クロップの激おこっぷりが、この試合のハイライトでしょうか。

0-1で試合終了。

週末にコミュシーあるけど大丈夫かな。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。