【感想】もったいない…チェルシー戦

2021-08-29

いやーもったいない。実にもったない。
29日にホーム、アンフィールドで行われた21-22プレミアリーグ第3節、チェルシーとの一戦は1-1でドロー。
勝ちたかったな~。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

アンドリュー・ロバートソンが復帰しました。中盤には、チアゴ・アルカンタラでもナビ・ケイタでもなく、ハーヴェイ・エリオット。

前半

序盤はややリヴァプール優勢の展開か。エリオットのミドル、ジョーダン・ヘンダーソンの飛び出し、などなど。

しかしながら、チェルシーのCK。ポーンと弧を描くヘッド。アリソンが腕を伸ばすも届かず。ゴールに吸い込まれてしまいました。

1-0。

前半のうちに追いつきたいリヴァプールの決定機はATに訪れました。

CKで反対側に切れそうになるボールをジョエル・マティプがギリギリで残し、もういっちょマティプ。
サディオ・マネ、ディオゴ・ジョタと次々に押し込もうとするも、チェルシー必死のディフェンスで弾き返します。

あれ?手に当たって無かった?

VAR発動。

PK&一発レッド。

VARが仕事しおった!

キッカーはモハメド・サラー。

はい。きっちり決めました。

1-1。

判定に不服なのか、審判に詰め寄るチェルシーの選手たち。両軍入り乱れて騒然となる中、サラーはきっちりとお祈りしてました。
うん。感謝の心、大事。

1-1で前半終了。

後半

数的優位となったリヴァプールですが、こういう試合って逆に難しかったりしますよね。
ドン引きされたらどうしよう。

あーやっぱりね。

メッチャ攻めるけども~。

ミドルシュートの雨降らすけども~。

あ~。

あ~。

あ~。

チアゴ、コスタス・ツィミカスを投入するも打開できず。

1-1で試合終了。

ドン引きに弱いリヴァプールが、もろに出てしまいましたね。勝てる試合だったし、勝たねばならない試合でした。
痛いけれど、まだシーズンは始まったばかり。次!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。